2014年10月03日

55ポーチャナー (バンコク)牡蠣の卵とじ オースワンを食す

1003BKK554月-2

mariottoのルーフトップバー『OCTAVE』で洒落たアペリティフを
嗜んだ後に向かったのは、トンローの駅まで行く途中にある食堂
55ポーチャナー


名物の”オースワン”とは、簡単に言って牡蠣の卵とじ。
でんぷんで作った生地に牡蠣を混ぜ、卵と一緒に
たっぷりの油で揚げて、鉄板のモヤシの上にかける
という、タイのローカルフード。

アホみたいに牡蠣が入ってて400円くらいだった気がします。
(全く覚えてないけど感覚的に)

これが、ビールに合うんすわ。最初はインパクト強めで
バクバク進むけど、途中から飽きがくるので、そっからは
おかずにして、ジャスミンライスの上に載せて。


もう一品、食べておきたかったのプーパッポンカリー、
ワタリガニのカレー炒め。カレーとはいっても
卵とじになっているので、辛いのが苦手な人でも
入りやすい入門編のストリートフード。
1003BKK554月-4



この高低差のジェットコースターもまた、バンコクの魅力です。
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ






****************************

目印は、この看板。
スクンピッド通り沿いなので、そんなに探すのは難しくもない。
1003BKK554月-1




深夜3:00頃まで空いてるようなので、深夜便でバンコクに
着いても、そっから繰り出すことがデキるのもいいね。
1003BKK554月-3



ちなみに、G.Wの訪問記ね、コレ。
ここで出逢った駐在の奥村クンとは、
今でも仲良くやってます。そういう、
旅先での出会いこそが、ひとり旅の醍醐味です。
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔