2016年01月04日

くろいわ (恵比寿)フォースの覚醒

0103くろいわ11月-0


男子会でいつも使わせていただいている恵比寿「くろいわ」。
最近は男子会、家族会とも日本料理や鮨が増えました。
毎日食べても大丈夫なのって、歳を重ねたせいか、
日本の料理なんですよね。

「くろいわ」は、去年の夏に移転して、ボクラの最初の訪問が
個室だったので、今回は2Fのカウンターを貸切にして。
折角だからとこの会は、奥方も何人かご招待。
0103くろいわ11月-5

訪れたのは11月の半ば。
蟹とかふぐとか、いい素材が入ったとのことで
折角ならとボクも和装でおじゃましました。

移転前のこじんまりと品のいい佇まいも好きでしたが、
移転後の店舗は、門をくぐった瞬間から別世界に
なるので、自然と心が昂ぶります。恵比寿で
このしつらえは、贅沢極まりない。
0103くろいわ11月-56



2Fのカウンター席の木の板は、前の
お店から持ってきたもの。横や後ろにスペースが
増えたせいか、以前よりもゆとりある空間に。


料理は、秋と冬の味覚をこれでもかと。
眠っていたフォースが覚醒するのを感じます。

椀物は松葉ガニをごま豆腐のように練り上げた蟹豆腐。
蟹の特長が見事に凝縮されていて"青は藍より出でて、
藍より青し”的な一皿に。
0103くろいわ11月-11



こちらの蟹のしゃぶしゃぶも強烈なストレート。
ほぐした身を味噌に絡めることで、
単体では味わえないディープインパクト。
0103くろいわ11月-12



おつくり用のふぐ。
炙ることで、食感と旨みを際立たせて。
極厚の昆布締めは、食感もエクスタシー。
0103くろいわ11月-15



お造りの器を、それぞれ違うのにすることで
並べた時の彩りが心地いい。かといって派手
すぎないところが、日本の美意識。
0103くろいわ11月-17


めずらしく肉を焼いてるなと思ったら、
こちらの和牛はあくまで脇役とのこと。
0103くろいわ11月-20




主役は、こちらの焼き牡蠣。
海と陸の幸の旨みセッション。
濃厚な味わいに酒がすすむ。
0103くろいわ11月-23




八寸もそれぞれ違う籠に。
これがカウンターに並ぶ絵は壮観。
むかご、車海老の赤ちゃん、蒸し栗など
ひとつひとつがじんわりと沁みる。
0103くろいわ11月-30




〆のご飯は見ての通り贅沢過ぎる蟹の炊き込みご飯。
蟹のかをりと味わいが、ふんわりと全体に広がっている。
プチプチ、もっちりとした歯ごたえも心地よく、シスに
堕ちたアナキン・スカイウォーカーの気持ちがわかります。
恐怖や怒りだけでなく、突き抜けた快感も人を容易に
ダークサイドへと導きます。
0103くろいわ11月-41





食後は1Fのお茶室へ。
この場を変える演出は凄くいい。
0103くろいわ11月-51




8:00くらいのスタートにしていても、お茶室を出る頃には
1:00くらいになっていたような。これが、ダークサイドの闇に
堕ちてた証拠(笑)。時間感覚を麻痺させる「くろいわ」のForth。
0103くろいわ11月-48




新生くろいわのEpisodeは、まだ始まったばかり。
自身らのストーリーを重ねながら、お店と一緒に
時を刻んでいきたい。色んなお店を食べ歩くのも
いいんだけど、こういうお付き合いが出来る
大事なお店というのも作っていきたいですね。
0103くろいわ11月-54

恵比寿 くろいわ
03-5793-9618
東京都渋谷区恵比寿4-11-12
http://www.kuroiwa.org/




May the forth be with you
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ





**********************


さて、ここからは、夜の流れに添って。
ひょうたん型がかわいい。
0103くろいわ11月-3



この時期の一杯目のお茶は、体だけじゃなく
心もほっこり温かくなる。さりげないんだけど、
日常と決別させる役割を果たしてくれる。
0103くろいわ11月-4




このわた、餅ぎんなん、琥珀卵。
琥珀卵は温泉卵の黄身の味噌漬け、
食感が気持ち良すぎ。X-WINGが開きます。
0103くろいわ11月-6





日本酒が無くちゃ食べられないということで、
早速出していただいたのが萩の露。
0103くろいわ11月-9




0103くろいわ11月-8



こちらが碗物。
椿を一輪、大きくあしらった冬らしい塗りですね。
蟹豆腐の誘惑で、早々に暗黒面に堕ちそうになる
0103くろいわ11月-10




合わせるお酒もおまかせ。
人数も多く酒豪も多いので、
適当なところで次のお酒が。
ほぼほぼ、ペアリング状態。
0103くろいわ11月-13




目の前でふぐが網の上に。
0103くろいわ11月-14





ふぐの食感と味を引き立てる脇役も上質。
0103くろいわ11月-16





赤いライトセーバー!?
シスが現れたかと思ったら肉でした。
0103くろいわ11月-19



次の料理に合わせてお酒もスタンバイ。
0103くろいわ11月-18




この組み合わせ、思った以上に自然。
強烈な旨みのぶつかり合いなんだけど、
意外にソフトランディング。片方が派手だと
目立つけど、両方派手ならバランスがとれる。
0103くろいわ11月-22





0103くろいわ11月-24


0103くろいわ11月-25





これは牡蠣と柿的な箸休めだったかな?
0103くろいわ11月-26






吹き寄せのような八寸
むかご、車海老の赤ちゃん、秋鯖の燻製で焼き上げを燻製くるみと合わせた肴、
大穴子のお寿司、烏賊の塩辛、炊き上げた栗、花豆炊き上げなどなど。
0103くろいわ11月-27




見た目の美しさは写真でも伝わると思うし、エース級の食材を使った
料理の素晴らしさは割と伝わりやすいと思うけど、一見脇役のような
ものまで、しみじみ美味しいのが「くろいわ」の魅力。
0103くろいわ11月-28




出てくる日本酒も容赦無いし。
0103くろいわ11月-31




器が美しすぎて、蓋を取る前から昂ぶります。
0103くろいわ11月-32





ぐじの蕪蒸し。贅沢に使われたぐじの身もいいし、
とにかく全体としてのバランスが官能的。

この日は、アナキン・スカイウォーカー、レイア姫、
オビ=ワン、ヨーダとミディ=クロリアン値が高すぎる
ジェダイの騎士が並んだかのようなステージでしたね。

0103くろいわ11月-33



甲羅酒は、さしずめハン・ソロですかね。
蟹の甲羅が、ミレニアム・ファルコンに見えてきた。
0103くろいわ11月-34




かなりのボリュームのお米を炊いて
待っていていただきました。
0103くろいわ11月-35



まずは、すっぴん美人を味わいつつ。
0103くろいわ11月-36




この、蟹の炊き込みご飯は無敵です。
今のカイロ・レンでは全く並ぶことの出来ない
全盛期のダースベーダーのよう。
0103くろいわ11月-38




ライトセーバー最難易度の型”ジュヨー/ヴァーパッド”を
マスターしたメイス・ウィンドウでもなければ太刀打ち
できません。オレらのようなパダワンが手を出して
いい領域なのでしょうか?(笑)
0103くろいわ11月-40




市販のお漬物は味が強すぎて食べられないんだけど、
ちゃんとした美味しいお漬物は、自然と箸が伸びるんです。
0103くろいわ11月-39







かなりお腹いっぱいなんだけど、
ダークサイドの誘惑に、全く抗うことができません。
0103くろいわ11月-42





いい感じに乳化された卵の具合が堪らんっす。
自宅では味わえないワンランク上のTKG。
0103くろいわ11月-43





〆はお茶漬けで。
どんだけ食べたのかって話です。
それでも、翌朝にはお腹が空いて
くるというから驚きだよね。
0103くろいわ11月-44




翌日の名古屋遠征のお供に。
0103くろいわ11月-45





お茶室は、男性陣と女性陣が交代で
0103くろいわ11月-46



炉が切られて秋を実感。
0103くろいわ11月-50





カウンターで横並びもいいけど、茶室にメンズが
ぎゅっと座ると、それはそれで新鮮な感覚。
この距離感は確かに面白い。友人らで茶室って
あんま経験なかったので思わぬ発見でした。
0103くろいわ11月-49





お茶のお手前はすっかり忘れちゃったけど、
たまには平点前くらいやらないとなぁ。
そんなゆとりを日常に取り込みたい。
0103くろいわ11月-52


0103くろいわ11月-53




今年のコンセプト「静芯」を実現するには、
ゆとりを持つ勇気が不可欠。走り続けるだけ
じゃなく、時に立ち止まって俯瞰するのも大事。
0103くろいわ11月-55




ご存知の通り、スター・ウォーズには、
ジョージ・ルーカスの黒澤明への
オマージュが散りばめられた作品

この正月にEpisode 機銑困鮓なおしたので、
また「フォースの覚醒」を観に行って来ます。
次は3Dと思っていたけど、評判いいので
4Dでスター・ツアーズ体験してみようかな。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)日本料理 | ¥20000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔