2016年04月10日

クラフタル (中目黒)技と物語のガストロノミー

0412クラフタル3月-24

カジュアルで良質なお店が多い中目黒。
幅広い年齢層から支持をうけている一方、ガストロノミックなお店は
恵比寿に集まっており、中目黒でフレンチというと、そこまで
いい店が挙げられなかったというのがこれまで。

ところが最近は、クオリティが高く勢いのあるフレンチが
中目黒にも増えてきたんですよね。そんなレストランひとつが
クラフタル (CRAFTALE)

夜は7,000円のコースでアミューズ2品、
前菜2品、魚、肉料理、デセール2品。
かなり尖った攻め方をしてくるものの、
味の落とし所は納得度高め。
0412クラフタル3月-3




これに4種類のパンをペアリングしてくる
というのも面白い。ワインのペアリングも
ボクみたいに酒の弱い人間には嬉しい4杯
3000円の量少なめのコースも用意がある。
0412クラフタル3月-11





店名の「CRAFTALE」とは技を意味するCRAFTと
物語を意味するTALEという2つの言葉を重ねたもの。
生産者・お店がゲストとともに1つの物語を
創作したいという思いが込められている。

店内はシンプルさを極めた無機質な空間で、
ぬくもりのある器や一見トリッキーな料理が
より引き立つようになっている。
0412クラフタル3月-39




一品目のアミューズは鰹節みたいのが帆立とは驚いたけど
この鮎を使ったアミューズもかなりのチャレンジャー。
上部のアイスを崩しながら、独特のテクスチャとともに
味わえる逸品に仕上がっている。食感の組み合わせの妙も
さることながら、味の組み合わせが挑戦的なのに安定感
ある着地っぷり。さすが、ロブション出身のシェフですな。
0412クラフタル3月-7




フォアグラのレンコンとの組み合わせなど、
両極端の食感で揺さぶってきたりとエロい
誘い方してくんね。
0412クラフタル3月-16




キンメダイの火入れはとろけるような食感。
こちらも野菜との歯ごたえのコントラストが
痺れる。ソースとのマリアージュのキレが
フレンチならではの快感をもたらしてくれる。
0412クラフタル3月-21





その挑戦と安心の同居は、メインからデセールまで
一貫したもので、7000円という価格帯でこんな
贅沢な気持ちいい体験ができるなんて嬉しいじゃない。
0412クラフタル3月-28



ここまでワインを控えめにしてきたので、
ラストスパートはかけてもいいだろうと、
デセールには食後酒を。
0412クラフタル3月-31





デセールも遊んでるね。一見するとダースベーダーが
乗ってそうなスペースシップに見えないこともない。
もちろんビジュアルだけじゃなく、味わいから食感
まで、あの手この手で攻めてくる。
0412クラフタル3月-35


クラフタル (CRAFTALE)
03-6277-5813
東京都目黒区青葉台1-16-11 2F
http://tables.jp.net/craftale/


ご近所さんには、遅めの時間でカウンターに
フラ寄りのワインバー使いもおすすめ。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




****************************


ビル一棟がやけにセンスよさげな空間。
これまでって、こういうとこってあんまし
メシに期待ができないこと多かったのにね。
0412クラフタル3月-1




まさか、この鰹節とか筍の皮みたいのが
帆立だなんて思えないよね。口の中に入れても
言われるまでは「これなんだっけ?」とビジュアルの
先入観が強すぎて帆立までは中々辿りつけない。
0412クラフタル3月-4






温かい食材と冷たい食材のセッション。
ふわっとした感覚と歯ごたえある食材の
組み合わせが、より強い印象を残してくれる。
0412クラフタル3月-6






こちらは、イカさん。
セロリと合わせてんだっけな。
「あ、この組み合わせっていいじゃん」
という満たされた心でナイフを置けた前菜。
0412クラフタル3月-9




パンとのペアリングも納得感。
0412クラフタル3月-10




0412クラフタル3月-13




根菜が主役のフォアグラ。
いちいち感性を刺激してくれるね。
0412クラフタル3月-17



0412クラフタル3月-14



ほほー、この黒いパンと合わせてきますか。
0412クラフタル3月-18



0412クラフタル3月-19






次の魚料理も演出力高めのプレゼンテーション。
0412クラフタル3月-20








0412クラフタル3月-23





点心のように供される春を感じさせる
味わいの蒸しパンは、ソースによく合うね。
0412クラフタル3月-25






最近、ただでさえ豚好きなので、
この日のメインの豚さんはWelcome.
0412クラフタル3月-26



0412クラフタル3月-29





敢えてい言うならピロシキのようなパン。
この日、唯一ペアリングの意図が掴みづらかった一皿。
0412クラフタル3月-27







デセールもしっかり作りこまれた2皿が出てくる。
0412クラフタル3月-30





食後酒とともに。
0412クラフタル3月-32





酒と合うデセールを愉しめるのは
がんばっている大人の特権です。
0412クラフタル3月-34




ショコラ好きにはたまらんね。
0412クラフタル3月-36





グラスのワインも充実している模様。
0412クラフタル3月-41



桜の時期は混雑してそうだったので、そろそろ
リピってもいい時期かもね。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)フレンチ | ¥10000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔