2020年12月28日

CAVEMAN (兜町) スタイリッシュな発酵ガストロ、兜町に見参

K5_CAVEMAN2020-11

めっちゃお気に入り”目黒の発酵ガストロノミー「kabi」”の姉妹店『CAVEMAN


K5_CAVEMAN2020-6

こういうスタイルあるレストランが入ってるところも兜町K5」が好きなホテルの筆頭に上がる理由。

マイクロツーリズムの時代なので、都内のホテルにあちこち泊まったけど、感性が一番フィットするのはココなんすよね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


のっけの栗のアミューズから”らしいな”と感じたけど、ビジュアルといい味わいといい思わず頷いたの、一番た出汁とかぼちゃと豆乳の温かいスープ

かぼちゃの種、百合根などが食感と味わいのアクセントになっていて、躰に染み入る優しさだけじゃない、食の愉しさを再認識させてくれた一皿
K5_CAVEMAN2020-8




いやー、東京証券取引所という経済至上主義のどフロントにこんな感性を揺さぶる場所ができるなんて、日本も中々やるじゃない
K5_CAVEMAN2020-15



こんな状況にでもなっていなければ、海外と地方の旅優先だっただけに、都内の魅力再発見ができるこのチャンスは思いがけず訪れたチャンス。
K5_CAVEMAN2020-23


ワーケーションやマイクロツーリズムといった新しいトレンドは、ちょっと疎かにしがちだった身近なモノの価値を改めて教えてくれるんです
K5_CAVEMAN2020-21



こちらも良かったなぁ。ロングペッパーをロブスター出汁と身とともに。濃厚だけど洗練さも纏っているのでいと旨し。蟹玉ならぬ海老玉的な卵攻めにあっけなく白旗なオレ
K5_CAVEMAN2020-26




麹の酢味噌と鰆さん、これも美味しいんだけど主役はお酒
K5_CAVEMAN2020-29



嗚呼、日本酒「東郷」、58度℃燗づけかでZ旗に
K5_CAVEMAN2020-27




〆がランプのすき焼きとは♥

ゴボウやマッシュルームの発酵スープに、木の芽が添えられたすき焼きフュージョン。こちらは全部一緒に食べるのが正解
K5_CAVEMAN2020-35



最後のデザートまで、CAVEMAN らしく軽やか。なにこのエアリーなガトーショコラとマッシュルームの生クリームって。翌日までモタれるような重さは皆無、ヘルシーでクリエイティブで、味の複雑さと落とし所もセンスいい
K5_CAVEMAN2020-38



どんな高級店や予約の取れないお店より、こういうレストランが好きなんです
K5_CAVEMAN2020-40




CAVEMAN』に訪問した1ヶ月後には、今年最後の「Kabi」にも年末ご挨拶的なディナーへ。もう年末か…と思いながら12月を過ごしてたんだけど、あっというまに大晦日が目前に。2020年は間違いなく変化の年でした、オレにとっても。
K5_CAVEMAN2020-14

ケイブマン K5 (CAVEMAN)
03-5847-1112
東京都中央区日本橋兜町3-5
https://www.caveman.tokyo/
https://www.instagram.com/caveman_tokyo/



まだまだ訪れたいレストランたくさんあったけど、新年の挨拶で訪れることにいたします
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ



***********************************


目黒の「Kabi」と同様に家具は素材感あってシンプルなインテイリア。「kabi」と比べると証明が明るく、全体的には柔らかな印象
K5_CAVEMAN2020-43



こちらもゲストは年齢層が低く、お洒落指数も高め
K5_CAVEMAN2020-1




メニューは同様にシンプルなスタイル
K5_CAVEMAN2020-2




女性スタッフがいるのは新鮮。kabiでは、だいぶ女性スタッフ見てなかったから
K5_CAVEMAN2020-5



栗にとラルドを乗せてニンジンの花ピクルスを合わせたアミューズ。黒ニンニクの余韻と栗の甘みが意外に合う
K5_CAVEMAN2020-7



かぼちゃと豆乳の温かいスープ。オイルが松の実だとかは、まったくオレには分別できんけど(笑)
K5_CAVEMAN2020-10




ワクワクして美味しく、美しければそれでいい
K5_CAVEMAN2020-12




アオリイカと胡麻の前菜は撮り忘れ。イカがパスタみたいな役割を果たしていた。柿をくり抜いていたり、レンコンの辛味ある味付けがいいアクセントになっていたり。最後はレンコン酢味噌みたいに


合わせたゲウェルツの苦味がいい、ただ甘いだけのゲウェルツは苦手  
K5_CAVEMAN2020-17




イクラとカブ。メモとっておかないと、感想が思い出せん。というのも前例や類似の料理経験が殆ど無いお皿が続くので、なにか他の料理と比較して相対的に記憶するというのが出来ないのよ。満足したというのは間違いないけどね
K5_CAVEMAN2020-22


合わせたのは自家製リキュール
K5_CAVEMAN2020-19



こういうのも料理に合うんだよなぁ、フレンチやイタリアンよりもお酒の選択肢が多いというのも、酒好きにはたまらない理由。酒はただただ弱いだけで、人生に欠かせないボクの相棒です
K5_CAVEMAN2020-20


自家製のリキュール、いっぱい並んでる
K5_CAVEMAN2020-42



こちらの伊勢海老はある意味豪華。ビジュアルに伊勢海老の欠片もないから(笑)

ロブスター出汁と身も旨かったけど、海老の玉子と鶏卵の玉子の戦が限りなくセクシー
K5_CAVEMAN2020-25




これは台湾茶を合わせたと記憶している。まりえに解説してもらったけど、細かいことは忘れた。ワインにリキュール、日本酒だけじゃなくティーペアリングも挿し込んでくる。好きなんだよね、こういうとこも
K5_CAVEMAN2020-24








さわらは麹の酢味噌で焼いて。下に敷いてあるクリームは、発酵白菜のソース。かほりがやけにジパング、白菜の発酵のせいだな
K5_CAVEMAN2020-28



カウンターが見えるような座り方だけど、たまに振り返ると窓の向こうにも歴史的な建造物が。東京にも、こうしたいい場所が残されていたのね。
K5_CAVEMAN2020-30




フュージョンなアプローチのすき焼き

ランプかほりが漂っている、そこにゴボウが山盛りに。お得意マッシュルームの発酵スープに木の芽のアクセント。食べ方はいくつか試したけど、個々にいくより全部一緒に食べることで魅力が最大化した
K5_CAVEMAN2020-34



メインに合わせてきたワインが国産のピノ。単品だと貧弱な水っぽい印象だったんだけど、すき焼きに合わせると相当凄腕。
K5_CAVEMAN2020-32



フィット具合は未知数だったのに、料理と合わせることで一気に魅力が炸裂していた。こういう組み合わせ、自分じゃ絶対に出来ないわ。またしても酒好きのツボを見事についてくる。
K5_CAVEMAN2020-31





 葡萄と梨の口直し的な一皿目のデザート、すき焼きの流れを一旦断って
K5_CAVEMAN2020-36



リセットしてからエアリーなガトーショコラとマッシュルーム生クリームへとつなぐ
K5_CAVEMAN2020-37




最後のドリンクのペアリングはなんだったんだろう、あの時に戻ってみたい
K5_CAVEMAN2020-39




GO TOトラベル再開したら、再訪したいホテルのひとつ。海外のセンスいい友人が日本に来る際には、ココを推したい。人を選ぶので万人に薦められるわけではないけど、感性が合うヒトなら気にいってくれると思うので。朝ごはんもいいらしいし。
K5_CAVEMAN2020-44



生活のリズムが変わって、ブログを書く習慣が作れなかったけど、インスタやFBよりもブログの方が想いを詰めやすくて好きなんだけどね。年末はホテルのまとめ記事も書いておきたいなぁ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




kyah2004 at 23:18│Comments(0)Fusion | ¥15000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔