2021年01月08日

緊急事態宣言、行政もメディアも企業に甘くない!?

TOWN2020-1

緊急事態宣言初日の今日は、殆ど通勤ラッシュは改善されなかったようで
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

1月7日の東京都モニタリング会議の資料でも、感染経路が判明してる3割についていうと、「職場」が11.4%で「会食」9%と職場の方が感染者数が多いって数字が出てるのよね

7割を占める感染経路不明者のうち「どうやら会食の割合が大きいらしい」という専門家の見解を否定する根拠なんてないけど、その比率は不明なんすよね? 

だとしたらエビデンス(職場経由の方が会食よりも感染者数が多い)に基づいた策を徹底的に取るというのは当然の考え方じゃない?

20:00以降 営業しているレストランの名前を公表するんであれば、リモートワーク7割を実践していない大企業名も晒すべきでしょ。でないと不公平感が半端ない
TOWN2020-3




何故、大企業かと言うと「高度なIT部門を有していること」と「取引先の中小企業からはリモートワークの提案をしにくい」うえに、「従業員数が多い」から。要は大きな効果を出せるポテンシャルがあるんです
TOWN2020-1-2




エッセンシャルワーカーばかりの大企業ならともかく、そうでもないのにリモートワークができない企業は、その理由を書いて都に提出(もちろんネットで公表)とルール化したらいいと思う
TOWN2020-1-3




最初は慣れないかったかもしれないけど、多くの業務がリモートで処理できるということが証明された昨年の春。それなのに、やたら対面業務を強調するのは、だいたいが時代遅れのガムシャラリスト社員

アウトプットではなく、どれだけ働いたかで評価をする旧世代の残党だ
TOWN2020-2




もはや公害と言っても憚られないボトルネックの輩や企業をデータベース化すれば、『新しい働き方』が一気に浸透するはず。企業はこういうのイヤがるから
TOWN2020-3-2





更に締めて効果があるのは間違いなく企業。密は避けろと言いながら、復活しても黙殺されてるのが通勤ラッシュ。
TOWN2020-4



初詣や紅葉の時期の嵐山の行列を叩くなら、密の権化のラッシュを徹底的に叩くべきなのに、メディアは中々踏み込まない。

確かに飛沫は少ないかもだけど、ソーシャルディスタンスなんて全然取れてないし、つり革など接触感染リスクは、ほとんど無策のままでしょ。こういうの見て見ぬふりして、企業を甘やかしてたら、とてもじゃないけど1ヶ月後に解除とか夢過ぎる
TOWN2020-7



なんで、こんなことになってるかというと
1)マスメディアは自分たちにお金を供給してくれるクライアントである企業を叩きにくい
2)”遊び”を叩くのは「たいして遊んでないマジョリティ≒視聴者」の共感を得やすい
3)テレビ、新聞の視聴者(広告収益の源泉)は高年齢層なため旧い価値観と親和性が高い
4)あまり通勤リスクを叩きすぎるとパニックになる
といったあたりですかね


GO TOトラベルごときを必死で叩く前に、企業の緩みを叩いていたら「やるじゃん、マスメディア」って思えたんだけど。ほんとガッカリでならないわ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




*************************

(1) 今週の濃厚接触者における感染経路別の割合は、同居する人からの感染が47.7%と最も多く、次いで施設(施設とは、「特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、病院、保育園、学校等の教育施設等」をいう。)での感染が15.7%、職場が11.4%、会食が9.0%、接待を伴う飲食店等が1.4%であった。

(2) 今週の濃厚接触者における感染経路別の割合を年代別で見ると、80代以上を除くすべての年代で同居する人からの感染が最も多く、10代以下が74.3%となり、40代で40%を超え、50代から70代で50%を超えた。次いで多かった感染経路は、10代以下及び60代から70代では施設での感染、20代から50代は職場での感染であった。また、80代以上では施設での感染が62.6%と最も多かった。20代から30代では、他の世代に比べ会食による感染が多かった。

【コメント】
ア)日常生活のなかで感染するリスクが高まっており、テレワーク、時差通勤等の拡充により、感染リスクを大幅に減らす必要がある。また、70代以上では、施設での感染が前週の123人から今週の148人と増加し、同居する人からの感染が前週の114人から123人に増加しており、高齢者施設及び家庭内での感染予防策の徹底が求められる。

イ)同居する人からの感染が最も多い一方で、職場、施設、会食、接待を伴う飲食店などから家庭に持ち込まれた結果と考えられる。職場、施設、寮などの共同生活や家庭内等での感染拡大を防ぐためにも、今一度、家族・職場・施設で自ら、基本的な感染予防策、環境の清拭・消毒を徹底する必要がある。また、特に、不特定多数が集まる場では、外が寒く暖房を入れていても、窓やドアを開けて(2方向が望ましい)風を通すなど、効果的な方法でこまめな換気を徹底する必要がある





どうやって読んでみても職場>会食なんすけどね…

誰が捻じ曲げて拡散してるんだ?



その犯人は…もはや社会悪だと思うんだけど


















kyah2004 at 21:51│Comments(0)Diary 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔