2021年02月13日

H -acca- (江戸川橋) 料理もペアリングも最高にタイプです


Hacca2021-20

江戸川橋に昨年末オープンしたイタリアン『 H -acca- 』(アッカ)

いやー、ここタイプだわ、実に。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


今はランチもやってるので、好みかどうか是非試してみて欲しい。ここが好きなら、多分レストランの好み合うはず
Hacca2021-2




酒好きにはたまらんペアリング

ペアリングはナチュール主体でモロ好みだったんだけど、聞くところに寄るとノンアルペアリングもかなり変態度が高いらしくソソられる。ソムリエくんのトークが冴えてるので、食の愉しさってこういうことだよね、とワクワク度が高まります
Hacca2021-10



ジョージアのアンバーワインを、合わせたのが鼈(すっぽん)のスープにトリュフを削ったこちらのお皿

滋味深いスープは極めてクリアなんだけど奥行きもあり、躰の芯からあたたまる。これにオレンジワインって頭では理解しにくかったんだけど、合わせてみたら味の根っこが繋がるのね。わりと控えめなオレンジだったから、ワインが勝つみたいなことにはならなくて
Hacca2021-13



シグニチャーメニューのダチョウがヤバい

セコンドはダチョウのカツレツ。肉の火入れが素晴らしく、ソースとの相性も抜群で、ここまでセコンドで昂ぶったのは久しぶり。ディナーはダチョウのカツサンドらしいので、先に変化系を愉しんじゃいました

赤身主体の肉で鳥っぽさは皆無。ブラインドで食べたら四足だと勘違いしてたと思う。
Hacca2021-19






とどめを刺されたフルーツトマトのパスタ

セコンドで満たされ過ぎて、次のパスタはドルチェまでのつなきくらいの心構えでいたら、ここしばらくで3本指に入る旨さのパスタに言葉を失った

フルーツトマトとチーズというドシンプルなパスタだけど、ソースの美味しさ、ソースの麺への絡み方もセクシー。味だけじゃなくテクスチャも限りなく感性系Hacca2021-25





セコンドとパスタが、すんごい印象残す結果になったけど、前菜からタイプということはしっかり感じてたのね

たとえばコチラ。衣の薄くカラッとした揚げ具合が、中のトロんとしたブーダンノワールを引き立てていて、繊細な落とし所にシャンパーニュが似合ってるのよ
Hacca2021-7




金目鯛の火入れは見てわかると思うけど、車海老の身も使ったソースも良いのよ。アメリケーヌっぽいリッチな味わいながら、決してTOO MUCHすぎない。しかも天然のわさびが絶妙なバランス取ってて、新鮮な昂ぶりをいただいちゃった
Hacca2021-17



チョコレートに温州みかんのコンポートにを合わせたドルチェは食後感を軽やかにしてくれる、とてもいい塩梅だったんだけど、
Hacca2021-28



これまた最後に合わせてきた食後酒がシャンパーニュのブランデーという役者なのよ
Hacca2021-26



カウンター主体のお店なので、コミュニケーションも愉しめた。コロナ禍で、人との触れあいが失われがちなので、そういう意味でも豊かな時間を過ごすことができるのが◎
Hacca2021-1

H acca
050-3177-3077
東京都新宿区山吹町6-3 ZA KAGURAZAKA B1F
https://www.instagram.com/hacca729/



緊急事態宣言中ゆえ 20:00までの営業だけど、通常なら深夜まで営業しててBAR使いできるらしく、その時にはアラカルトもあるんだって。神楽坂エリアの住人が実に羨ましい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ






******************


普段は2万円でペアリングまでついてくるディナーコースのイタリアンだけど、この状況ゆえランチもやっていて、7500円のコースにペアリングが5000円と、まずは試してみるのにちょうどいい
Hacca2021-3



豊かな風味のシャンパーニュ、これも5000円ペアリングの一部です
Hacca2021-4




パーラー江古田のパン、ペッパーのアクセントがブーダンノワールといいセッション
Hacca2021-6





こちらのブーダンノワール、黒ニンニクとりんごのピュレと組み合わせながら

外のサクサクで中トロトロのテクスチャで濃厚な旨味が素敵、センスよい着地点
Hacca2021-5





いわゆるシャブリは全くもってタイプ外だけど、ミネラル感ある厚みのあるのは大好き
Hacca2021-8



こやつをね、食感のエロティークなアオリイカと合わせるのよ。契約釣り師のもので、カリフラワーのピュレを従えている。最上部には、食感を活かしたカリフラワーと紫蘇が絶妙なコントラストを創り出していた
Hacca2021-9





次の料理にジョージアを挿し込んできました
Hacca2021-11




モチ生地に包まれたスッポンの美味しさは和の仕事
Hacca2021-12




そこにトリュフってのも発想ないし、もう一度言うけどココにジョージアよ。やっぱアンバーワインって万能だわ
Hacca2021-14




次のキンメには、これまた芳醇なシャルドネ
Hacca2021-15


金目鯛の火入れも、やけにセクシー。皮目もそそるね

やー、わさびがライトなアメリケーヌにこんなにもフィットするとは…絶品
Hacca2021-16



肉には敢えてノンアルを合わせてもらったのね。エキスが先に出るように抽出された烏龍茶に、カシスを合わせたもの。そんなにベリー感強くなくて、無理なくお肉に寄り添いそうというのが第一印象
Hacca2021-18



茨城か栃木か福島だか、どこだか記憶が曖昧だけどダチョウ農家があるらしく、こちらはヒレ肉のカツレツ

ソースがやけに旨い

チーズがいい具合に効いていて、じゃがいもピューレに焦がしバターがカツに合いまくる
Hacca2021-21





既にこの時点でピークは超えたと勝手に判断し、気を抜いていたんです
Hacca2021-22





高知の Lisaフルーツトマトを大胆に使ったパスタ。パスタの生地感、食感が完全に想定を超えていて、無防備だったオレには 、あまりの衝撃波。たとえとして適切じゃないけど、ベイルートクラス

これは、旨い…
Hacca2021-24



薩摩 温州みかんのコンポートとヨーグルトのソースにチョコレート
Hacca2021-29




食後酒がビシっとキマる、酒好きの楽園
Hacca2021-27




最後に焼鳥オマージュの串プティフールで〆
Hacca2021-30



最近、イタリアンというと郷土色強めのお店よりも、モダン寄りなお店に行くことが多い。どうしてもナチュールのあるレストランというと、そっち系になっちゃうから

また、しばらくしたら骨太系の郷土料理、トラットリアに戻ると思うけど、もうしばらくはコッチかな
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ





kyah2004 at 23:50│Comments(0)イタリアン | ¥15000〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔