2021年04月05日

里山十帖(新潟)ローカルガストロノミーの雪宿ワーケーション

里山十帖2021-86

一時期、GO TOトラベルで盛り返していた観光地も、今年の頭に突如はじまった緊急事態宣言の影響をモロに受けて大きなダメージを受けていました

確かに、移動は感染リスクを高めるかもしれません。でも、この時期、実際にカントリーサイドに行った人ならわかると思うんですが、早朝に東京を出たら、宿まで殆ど人との接点はありませんでした

仮に移動を非難するのであれば、朝の品川駅のほうが1000倍密で高リスクで徹底的に糾弾されるべきだと思うんですけどね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

話を戻すと、普段だったら予約至難なお宿も、この時期は取りやすかったのでスキー&ローカルガストロノミー旅に出たわけです。早朝に起きて、新幹線に飛び乗れば1時間で別世界。今年は雪も多かったので、快晴のこの日は絶好のスキー日和でした
里山十帖iPhone2021-1



朝から滑ってれば昼ころには疲れる年頃なので、着替えて移動したらちょうどチェックインタイム

里山十帖』の歴史ある古民家をリノベした心地いい空間が、ゲストを心地よくもてなしてくれます
里山十帖2021-62



さすが「自由人」がクリエイトしているだけあって、古さとモダンさと快適さを両立させているのが嬉しいところ
里山十帖2021-34


里山十帖2021-42




山々を見渡せる露天風呂も最高ですが、部屋のお風呂も色々遊べるので実に愉快
里山十帖2021-140




この露天風呂、見るだけでヤバいのは伝わると思うけど、湯質も極上なのが流石です
里山十帖2021-31



ありとあらゆる感性を刺激してくれる癒やし空間だけど、中でも食事がとびきりなのが「里山十帖」たる所以
里山十帖2021-44




食材だけではなく、発酵などのローカル技法も伝承しようとする意欲的なローカルガストロノミー
里山十帖2021-80



失われつつある技法を組み込みながらの繊細なディナー、単なる和食ではなく北欧ガストロのようなアプローチ
里山十帖2021-90



トドメを刺してくるのがアルコールペアリング、日本酒が最高なのは言うまでもなく
里山十帖2021-84



ナチュールワインの挿し込み方も実に今っぽい
里山十帖2021-102





食後はラウンジでフリーフローのBAR TIME、これぞ大人の遊びです
里山十帖2021-127






ラグジュアリーなお宿は増えたけど、ここまでフィロソフィーに共感できる宿は数多くない
里山十帖2021-146




デカい打ち出の小槌みたいなオブジェは中をくり抜いてスピーカーになっている
里山十帖2021-45




エントランスとは逆で、モダン空間にアンティーク家具を配置
里山十帖2021-36






自分のお部屋以外にも、いごこちのいいスポットをみつけよう
里山十帖2021-37





勿論、お部屋の中のポールポジションは奥様
里山十帖2021-75




ひとっ風呂浴びたら、シェフと素材めぐりの散歩。

氷室の中に熟成中の素材がぶら下がり、最大限美味しくなるまで待機中
里山十帖2021-55



こちらは、最近見学もできるようになり始めた発酵ルーム

発酵スパイスや調味料もどんどん開発しているようでいとうれし
里山十帖2021-57





そんな食材ツアーをしたあとには、そりゃ食事が愉しみになるってもんです
里山十帖2021-149




いよいよディナー、概ね個室なので感染対策もバッチリ
里山十帖2021-85






掛け軸がモダン
里山十帖2021-122



食後は、ラウンジでお酒をいただけるのも大人仕様でありがたい。アルコールペアリングいただいた後なんで味見程度しかできなかったけど、置いてあるものはさすがに美味
里山十帖2021-124






できれば寝る前にもひと風呂浴びたいね
里山十帖2021-130、、




そして朝は目覚めてからの即ワーケーション。好きな時に仕事して、あとは結果を出しておけばいい。やっと時代が追いついてきたゾ
里山十帖2021-143




しかし、こうやって外を見ると、つくづく都内のワーク環境ってブロイラー製造所みたいだなと思う
里山十帖2021-15

里山十帖   created by 自遊人    
〒949-6361     新潟県南魚沼市大沢1209-6
Tel. 025-783-6777




人間らしく生きるって、こういうことだよね?
里山十帖iPhone2021-3




一点の曇もない空のもと、朝からスキー
里山十帖iPhone2021-6




ひさびさにプレモル呑んでみて、慣れなかったっすw
里山十帖iPhone2021-7



あらゆるモノが揃う都会と、自然と質のいいコトが揃った生活。これをバランス良く組み合わせて生きたいです
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




*********************:



ワーケーションたるもの、朝のコンディションがいい時間帯は滑らんとね
里山十帖iPhone2021-2





30年くらい前に近くの上越国際スキー場から良く眺めていた景色

今のコンプライアンス重視社会なら出禁になってるであろうリゾートバイト。素直に楽し過ぎました
里山十帖iPhone2021-4






昼過ぎには足もパンパン。着替えてさっとGALAから越後湯沢に移動します

そっからローカル線に乗り換えて2駅程度、送迎車に乗ってお宿へ

思ってるよりだいぶアクセスがいい
里山十帖2021-8



天井高い古民家だけど、室内は快適な温度にコントロールされている
里山十帖2021-65




中二階のラウンジでティータイム
里山十帖2021-60



セルフでコーヒー、紅茶がいただける。お茶もあったかな?
里山十帖2021-63



客室まで向かう途中に、食事ができる小さな半個室も
里山十帖2021-43





客室棟は小綺麗だけど、こちらもリノベーションなんですね
里山十帖2021-27



メゾネットタイプの下層階
里山十帖2021-20







普段なら山並みが望めるところだけど、窓の外は雪の壁
里山十帖2021-4








つまりお部屋の温泉から、雪ダイブし放題ってこと
里山十帖2021-12







階段を登った上のお部屋からは、窓から山並みが望めます
里山十帖2021-6




この景色をアテに呑めますわ
里山十帖2021-16





まず、部屋についたらビールをセッティング
里山十帖2021-26

部屋のすみっこにワーケーションデスク
里山十帖2021-19






里山十帖2021-13








サスティナビリティを意識したアメニティ、持ち帰れる木製の歯ブラシとかハンドタオルがかわいい
里山十帖2021-22





転がりたい誘惑を振り切り、露天風呂へ。天気が夕方にかけて崩れてきたので、少しでも景色がいいうちにお風呂に入りたくて。
里山十帖2021-24





足の裏でも心地よさを感じながら、露天風呂へ向かう
里山十帖2021-29





ここ、実は窓がなくて両脇が雪の壁なのよ。
里山十帖2021-33



これは2日目の朝の様子、チェックイン直後はそこそこ晴れてました。屋根のない方の温泉は、豪雪だとぬるくなるので、気分を味わって部屋の露天風呂に入ってました。
里山十帖2021-129




お風呂からあがって、ライブラリーやギフトショップで感性磨き
里山十帖2021-147




自分が欲しいお土産が並ぶ
里山十帖2021-40




しかし、外の雪とか半端ないよね
里山十帖2021-41





食事前にシェフとご近所散歩
里山十帖2021-58




食いしん坊的には、食の背景を知ることができるのは嬉しい機会
里山十帖2021-51





氷室で寝かされてる野菜を眺めたり
里山十帖2021-50




こっちは海鮮系の氷室です、タコの足がビヨンビヨンとぶら下がってました
里山十帖2021-52




こちらの扉の奥が発酵ルーム
里山十帖2021-53




ローカルのお婆くらいにしか残されていない発酵技術も取り入れるなど、伝統技術の継承という役割も果たしている里山十帖
里山十帖2021-54






ちょっと仕事したり休んでからのディナータイム
里山十帖2021-150



食事の詳しいことは次回また。それ書いてると終わらなくなるw
里山十帖2021-91







一言だけいうと、料理が今っぽいけど懐かしくもあり、やはりお米が美味でした
里山十帖2021-94








ナチュールワイン、日本酒にリキュールと、都会のガストロとなんら時差のないペアリングも酒好きにはたまらんのです
里山十帖2021-92



食後は、お宿の中をあちこち寄り道しながら部屋まで戻る
里山十帖2021-68




そんなに広い宿ではないけど、コンテンツの濃度が高いので寄り道のしがいがあるのよ
里山十帖2021-69




温泉ジャーナリスト、石井さんの温泉本発見。各地の宿で置いてある。
里山十帖2021-70





ショップは17:00までだけど、寄ってる時に開いてたら爆買いしそうw
里山十帖2021-71



里山十帖2021-74


里山十帖2021-73



部屋に戻ってうとうとしたり、ワーケーションしたり、ネトフリみたり、ゲームしたり
里山十帖2021-76




たまに窓を開けて、外の空気に触れてみる。雪の勢いがどんどん増していた
里山十帖2021-128





翌朝は、かなりの量の新雪が積もっていて、屋根から定期的に雪の落ちる音が
里山十帖2021-133




そんな自然のリズムに揺蕩いつつ、自然の恵みの朝ごはんをいただきます
里山十帖2021-131




晩御飯がしっかり食べているので、これくらいがちょうどいい
里山十帖2021-134




さりげなくも上質な朝ごはん
里山十帖2021-136




朝は玄米を選びました
里山十帖2021-137




めったに他のゲストとすれ違うこともないので、感染リスクは都会の1/100くらい
里山十帖2021-138






朝ごはんの後は、〆ビールをしつつ、温泉に入りながら積雪状況を躰でチェック
里山十帖2021-141




前日雪ダイブしたら、なんだかんだ固くて痛かったけど、新雪はまさに包まれるようでふかふかでした。ま、冷たくて違うタイプの痛さはくらうけど、そんな体験こそがPriceless
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔