2021年05月30日

EDITION (虎ノ門) スタイルあるワーケーションを

Edition2021-66


虎ノ門の『エディション』でワーケーション。マリオットのラグジュアリーホテルの中でも、よりライフスタイルにフィーチャーしたタイプ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

ミニマルなデザインでいて、ロビーエリアはグリーンも多く女子ウケも良さそう
Edition2021-22




部屋はテーブルも長く荷物が置きやすいのでワーケーションにも使いやすい。ネットは実測値で40MB出ていたので、リモート会議にも充分耐えられる
Edition2021-19





ラウンジは窓際席やバーカウンターとそれぞれ個性あってモロ好み。スタッフのユニフォームもカジュアルでセンスよく、日本の5Star Hotelでタトゥ入れててもOKというのが超好印象。

日本全国、温泉行くと「タトゥお断り」と昭和のスタンスそのままの宿が多いので、インバウンド対応強化するなら、いい加減そのダサいローカルルールなんとかして…って辟易としてたので、こういうスタンスのホテルは5倍増して応援したくなる
Edition2021-25



ラウンジでアペリティフしようと思い、実際にいろんなポジションから検証してみたけど、自分的は窓から遠い奥のテーブルの方がレイヤーを愉しめて好みだとわかった。

選曲もいいしテーブルもゆとりあるから、仕事してて気分よさそ
Edition2021-28



詳しいことは、改めて書くけど、このラウンジの更に奥にあるオールデイダイニングの「The Blue Room」がやけによかったのよ
Edition2021-55




ワインのペアリングがナチュール!! 5Star Hotelのオールデイダイニングで、ナチュール推してくるってめちゃ嬉しい
Edition2021-39




3皿のコースは、短時間でサラっと食べられるから、あれこれやりたいホテルステイの際にはむしろ嬉しく、それぞれのお皿がキチンと美味なのでむしろ嬉しい

時短営業・禁酒法時代になってからはあり得ない話だけど、毎晩ディナーの予約続きだった頃は「もうちょいコース短くてもいいのに」って日もまぁまぁあったわけで

HOTELのダイニングでショートコースって近所民には、実はアリなんです
Edition2021-49



朝食も同じ場所だったんだけど、これまた都内ホテルで最高レベルの満足度Edition2021-73




レインボーブリッジのキラキラした海を眺めてたら、シャンパーニュオーダーしたくなりますわい
Edition2021-67




部屋はミニマルだけど写真以上に心地いいよ
Edition2021-3





事前にちゃんと調べなかったのが悪いんだけど、このホテルは高層階なのにバルコニー付きの部屋があったり、東京タワービューの部屋が圧倒的にビューが良さそうだったりするんで、次回はそっちに泊まるつもり
Edition2021-13




最近のホテルはサスティナブルに対する意識が高いけど、お水も紙パックだったりとエシカル
Edition2021-6





ウェルカムスイーツがレベル高く、この時点で食に関してはアタリの予感がしてた
Edition2021-15




泊まったカテゴリーのバスルームは極めてシンプル。写真のエリアは世界観貫いるから、全然いいんだけど、バスタブが他と違って全然色気なかったのが惜しい。それはこのカテゴリーゆえなのかしら?

もしくはお風呂につかるカルチャーのないNYのデザイナーが、想像力及ばなかったのかもしれない。上のカテゴリーのお部屋は、お風呂もビューバスだったりするのかな?
Edition2021-9







ジムは広くはなかったけど、トレーニングするには機材バラエティ豊富で、すごく実用的でよかった。プールも太陽光が上から差し込むだけで、気分が大きく変わるのよね。夕方と朝2回行ったけど、両方貸切状態でした
Edition2021-32






「The Blue Room」のディナーでお世話になったヘッドソムリエの矢田部さんに翌朝お会いして、おしゃべりに興じるなんてのも、コロナ禍ならでは。本来ならオリンピックを前に、海外からのゲストでてんやわんやだっただろうに

おしゃべりついでに、まだオープン前のメインダイニング「he Jade Room + Garden Terrace」も覗かせていただきました。堅苦しくなくセンスのいい空間で、足を踏み入れただけで期待が高まる。ロンドンのミシュランスターのシェフが着任予定
Edition2021-80




しかもこのレストラン、テラス席があるのよ!! Fourseasons 大手町も高層階にテラス席あって素晴らしいけど、世界観の凝縮の仕方はこちらの方が断然上で、感性を心地よく刺激してくれるのよね
Edition2021-79




くだらなすぎる禁酒法が廃止されたら、真っ先に再訪問したいホテル
Edition2021-87


東京エディション虎ノ門
東京都港区虎ノ門4−1−1
03-5422-1600
https://www.instagram.com/toranomonedition/
https://www.marriott.com/hotels/travel/tyoet-the-tokyo-edition-toranomon/



ここ最近泊まった都内のホテルの中で、ボクは一番ここがタイプ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ





********************************


場所は、神谷町と虎ノ門の中間くらい。電車だと神谷町からなら地上に出ずにアクセスできる。場所的には「The Okura」にかなり近い
Edition2021-29




写真だとそっけないように感じるかもしれないけど、実際にそこに身を置くととても居心地がいいのよね。ミニマルなデザインながら、日本らしさがそこはかとなく漂よっている
Edition2021-2




このムース、置くタイミングも重要よね。細部まで目が行き届いてるな
Edition2021-1





ミニバーも、日本人ですら嬉しいセレクト
Edition2021-7




セレクト上手だなぁ
Edition2021-11



こういうとこに、ホテルの個性とかフィロソフィ滲むのよね
Edition2021-8




ワイングラスも、デフォルトでこれとはわかってらしゃる
Edition2021-10




持っていったナチュールにもバッチリ
Edition2021-33





バスタブのとこは写真すら撮らなかったみたい。ほんとあそこだけ色気ないからいっそこのカテゴリーなら、シャワーブースだけでもいいんじゃないかと思うくらい
Edition2021-4



シャンプーなどのアメニティは、ミニボトルではなく詰替えタイプ
Edition2021-5




ルームキーはウッドでした。今日泊まってたフォーシージンズ大手町もそういやウッドでしたな
Edition2021-14




ノートPCの横にiPad置いても仕事できる、余計な紙とかも置いてないのでワーケーションがほんとしやすい
Edition2021-16





窓はそこまで大きくはない。一番最初に部屋に入ったときには窓小さいかなとか思ったけど、そんなにViewがいい部屋でもなかったので、途中からは気にもならなくなっていた
Edition2021-58



色んなとこで、じわじわ感性が刺激される
Edition2021-59





チェックインしてちょっと仕事をしてからアペリティフ
Edition2021-20




時短営業ではあったものの、この頃は禁酒法とか想像すら出来てなかった頃だったので、アペリティフに向かったわけです。
Edition2021-34




魅力的な場所が色々あって、最初はカウンターにしようと思ったけど
Edition2021-21




こんないい感じのロングテーブルもあったり、20人くらいのパーティーにぴったりの木に囲まれたソファーエリアがあったりと、コロナ禍の今なら選びたい放題

あ、早い時間はアフタヌーンティ組が多いので、アペリティフ以降の話ね
Edition2021-23




カクテルもモダン。いい意味でホテルらしい王道感がなくて好き。こういうホテルに通いたい。
Edition2021-26




奥の個室ゾーンはディナーのときに外国人ゲストで賑わってました、クレイジーリッチ系のアジア人グループ
Edition2021-77




ジムは見ての通りこじんまりだけど、パーソナルトレーニングに通ってる自分的には必要なものがキッチリ揃ってて、マシンも新しいし、これまた最近の都内ホテルでは最高レベルの満足度
Edition2021-30




プールはこんな感じ。サウナはない、ジェットバスのみ

サウナあると、ついプール&サウナで滞在中3時間くらい使っちゃうので、ないならないで問題ない。ちなみに都内ラグジュアリーホテルのサウナは、六本木のリッツが抜けてて、パークハイアット、ザ・プリンスギャラリーと続く感じ
Edition2021-31






シューシャインは、こんな風に届けられます。新しい靴買ったみたいな気分になれる
Edition2021-62




レストランでしっかりワイン飲んだので、朝もワインがそこそこ残ってた、朝ごはんの後に、もうひと呑み
Edition2021-63




下のウッドデッキがバルコニー付きの部屋みたいね、いいなぁ、カッコいいなぁ
Edition2021-57




帰り際に、こんなギフトもいただいたり
Edition2021-89





この時期だからというのもあるけど、このクラスのホテルにしてはスタッフとの距離感が近く、だからといって品も損ねてないので、スタイルの良さが際立つのよね
Edition2021-88





コロナじゃなければ、海外とか国内でもあちこち行ってて、こんなにも近場のホテルに泊まり歩くなんてことはなかったと思う。転んでもタダでは起きないよ、そう思って生きています
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ





kyah2004 at 17:51│Comments(0)HOTEL | ワーケーション

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔