2021年06月08日

美会(銀座)日本料理の技法でタイガストロノミーというオンリーワン

美会2021-22

全く新しいタイガストロノミーの表現に成功した銀座の『美会
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


日本の旬な素材、しかも極めて質の高いものを使っていて、そのうえ日本料理の技法をベースに、タイガストロノミーに昇華させるという世界でも類をみない試み
美会2021-15



こんな食エクスペリエンスができるのは日本ならではだし、バンコクでこんなお店ができたらミシュランスターは確実だと思う

タイ人のFoodie ビアさんのお店だけに、タイ料理の解釈は間違いない

岐阜の鴨を軸に、雪うるいに金美人参や新生姜を使った生春巻。お出汁とハーブのソース、更には包み込み皮も実にエレガントで、のっけから期待値が高まる
美会2021-3

こういう生春巻きはベトナムルーツなだけに、タイ料理かというと微妙なとこもあるかもしれないけど、日本人的にはアリでしょう



京丹波の大黒しめじを使ったトムヤムクン

鯛や蛤も入ってそのまま椀物になりそうなのに、でも着地点はトムヤムクンという。このサプライズ感は半端ない

美会2021-6




一見、フツーのカツサンドもパイマックルーの効いたソースのおかげで、タイの景色が広がる
美会2021-10




ここで素直に和の直球で鯖寿司なんかが入ってくるんだけど、アクセントの使い方がナチュラル

そのうえ、こごみやわらびを使った山菜のおひたし風ソムタムが鯖寿司とすんごく合っていて、脂もリセットするから鯖とおひたしの往復が止められない
美会2021-13




バンバンジーは、期間限定のランチで出していたカオマンガイを彷彿とさせる異次元の完成度
美会2021-21



きんきの更に高級なメヌケは、和の超絶火入れとお出汁なのに、ちょっとした香草使いでタイ料理に仕上がっている
美会2021-26



〆のカレー、マッサマンは当然のことながら極上だけど、日本スタイルのカレーもあって、そっちはフレッシュジンジャーを混ぜたら途端にタイ料理へと表情を変えるのが衝撃
美会2021-36



そうそう、ナチュールワインの合わせ方もセンス抜群で、そのあたりもますます自分好み
美会2021-24




唯一無二、世界でここでしか味わえない日本料理 ✕ タイガストロノミーというクリエイション。冒頭でも書いたけど、バンコクでこんなお店があったら、世界中のフーディーズが絶賛しそう🇹🇭
美会2021-31




大好きなタイへも2年くらい旅できていない。そんなフラストレーションを瞬時に霧散させてくれた夜
さすが、日本の最高峰のレストランを食べ尽くしたビアくんの経験値と感性
美会2021-19

いやー、スゲーわ

素直にリスペクト


銀座 美会 (ビア)
03-3572-5599
東京都中央区銀座7-3-16
https://www.instagram.com/ginza_bia/



これからの時代、大事なのは遊びの質とスキルです
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




******************************


セッティングからしてタイ料理には見えないよね
美会2021-1




岐阜の鴨を使った生春巻き

こんなラグジュアリーな生春巻きは初体験
美会2021-2




お出汁とハーブのソースが、キチンとバンコクに連れてってくれる
美会2021-4




お酒は、まず無難にLOCOCOから。ガストロでビール選ぶなら間違いない美味しさ
美会2021-5



京丹波の大黒しめじも使い、はまぐりや車海老の出汁も効いた和のトムヤムクン

鯛を使ったりロッソトマトを使ったりと素材選びも実に愉快
美会2021-8






洋と泰というタイトルのカツサンド

パイマックルーというタイ料理には不可欠なコブミカンの葉のソースをあわせることで、これまた極上のカツサンドがタイの大地に着地するんです
美会2021-9



上質な脂を従えた鯖寿司、めっちゃ旨い。これ自身は「THE 日本」だけど、
美会2021-11





独活、こごみ、わらび、せりを使った山菜のソムタム。見た目はおひたしなのにちゃんとソムタム。おそして、これが鯖寿司の脂をいい意味でリセットしてくれるのが驚き
美会2021-12






フカヒレと和牛。これはタイ料理からはずれて中華と和だけど、アジアンガストロノミーという切口ならアリだし、むしろ嬉しい。すっぽんの餡がたまらぬわい
美会2021-16





和牛はサーロイン、ふかひれとすっぽんと合わせるなんて贅沢極まりなし
美会2021-17





宍道湖の白魚とふきのとうの一口天丼、こゆのも嬉しい
美会2021-18



こんな上質なバンバンジーは、人生で食べたこと無い。この鶏の質&仕事は本国タイでは不可能な日本ならではのアプローチ
美会2021-20






ビールの次のお酒迷ってたら、タイ料理シフトしてからワインもナチュールを拡充したとのこと

しかもセレクトが渋い
美会2021-25





このワインでメヌケに合うって、自分じゃ絶対に選べない。タイの香草を合わせて、いかにも日本料理な魚がタイになるのが不思議
美会2021-28






好みを伝えれば、ワインもいくつかプレゼンしてセレクトできる
美会2021-29




マグロ丼、これはタイ料理じゃないけど、流れにはフィットしてる
美会2021-30



白米と鮪って、どうしてこうも合うんだろうか
美会2021-32





ジンジャーポークカレーは、まんまだと和なんだけどフレッシュジンジャーと食べたらタイにトリップできた
美会2021-33




世界一美味しいカレーと銘打ったこちらは”マッサマンカレー”、旨味が爆発。とはいえ、こちらも里芋と京都の大豆なので、きちんと和のDNAが下敷きになっているんです
美会2021-34




美会2021-35




あずきとココナツのアイスに、まさかのレモングラスで、タイの着地点
美会2021-37






こういう、唯一無二なお店が好きなんだよねぇ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ



kyah2004 at 18:00│Comments(0)¥20000〜 | Fusion

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔