2021年07月05日

料亭 一の家(大宮)鮎づくしを老舗料亭で

ichinoya2021-24

大宮って、正直 量産型のデパートか雑多な飲み屋街なイメージで、わざわざ訪れる理由をもっていなかったんですが、『料亭 一の家』を知ってイメージがガラっと変わりました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



1km以上続く立派な参道の向こうには、関東一円の氷川神社の総本山「武蔵一宮 氷川神社」が

ここまでのアプローチで相当ショートトリップ気分なんだけど、鳥居の横には1885年から続く『料亭 一の家』が、実にいい雰囲気で佇んでいるんです。
IMG_7438



まだまだ遠出がしにくい(と言われている)コロナ禍ゆえに、近隣で旅する”マイクロツーリズム”が注目を集めている。恵比寿あたりからでも、湘南新宿ラインのグリーン車乗ってれば快適かつソーシャルディスタンスとりながら移動できるから、気分転換に足を伸ばすにはちょうどいいのよ

料亭は個室にすれば他の人々との接点もないし、こういう昼時間の使い方をオススメしたいです
ichinoya2021-11





この日は、滋賀県の安曇川の天然鮎
ichinoya2021-26





泳いでる鮎のプレゼンテーションも昂るし、塩焼きの出し方も料亭らしい
ichinoya2021-2




前八寸ではうるかを3種類の方法でいただけるし、
ichinoya2021-6



五平餅にも苦うるかなんて、酒呑みには楽園でしか無い
ichinoya2021-12




にしても、五平餅って岐阜が発祥なんですね。甲府あたりかと思ってましたわ
ichinoya2021-14




鮎一夜干しの椀物も清汁仕立てで実に涼やか。澄んだお出汁と、鮎の濃厚なかほりとのコントラストがよいね

テクスチャと言う意味では、水無月投入豆腐の食感もいとをかし
ichinoya2021-19




鮎の洗いの洗練度もすばらしく、大宮すいません!と謝りましたw

肉厚な若鮎で食べごたえもあり、かほりがたまらぬ
ichinoya2021-21








いよいよ、天然鮎の塩焼き
ichinoya2021-30


これまでの鮎塩焼きって、特に料亭だとふわっとした食感が多かったけど、こちらの火入れは強め。でも、これはこれで旨味が詰まった感じでアリっすね。ミョウガは定番だけど、キャラメリゼしたバナナと合わせるってのもチャレンジャー
ichinoya2021-31




蟹餡とキウイの冷やし茶碗蒸し

蟹とキウイを合わせるなんて、老舗料亭では想定してなかった

でも、ちゃんとバランスなのよ!! 大宮、おそるべし
ichinoya2021-33




ハーブ鮎と旬野菜の天ぷら

この天ぷらのサクっとした食感もよく、鮎のまた違った表情も愉しめた
ichinoya2021-35



〆の雑炊も濃厚で、ついついお代わりがとまらなくなる
一の家2021-7


料亭 大宮 一の家
048-644-0165
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-276
http://www.ichinoya.info/
https://www.facebook.com/omiya.ichinoya
https://www.instagram.com/omiya_ichinoya




神社仏閣の近くの料亭って、古臭い食事が出るイメージだったんだけど、そういう先入観も瞬時に吹っ飛ばしてくれた『一の家』。秋にはジビエも出るらしく、大宮を経由する愉しみが増えました
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ





***************************



コロナ禍って、なんか緑に飢えるよね? 昼間にお座敷からの庭って、この時点でご馳走です
ichinoya2021-1





前八寸は、うるか3種と半熟卵カリフラワーソースとカマス焼き目棒寿司
ichinoya2021-7





豆大根のうえには身”うるか”、苦味とシャキシャキしたみずみずしい甘さが佳き
ichinoya2021-4




このカリフラワーソースの下に半熟卵がひそんでおります
ichinoya2021-5



基本、うるかと単語聞いた時点で日本酒たのみます。ラインナップも今っぽくて佳き
一の家2021-3




五平餅は、わざわざ目の前で仕上げてもらえるのよ
ichinoya2021-16





あゝ、これだけで5本イケる!!!!
ichinoya2021-17





鮎の一夜干しの椀物は、冬瓜とじゅんさいに、オレンジピールも。このチャレンジャーな組み合わせ、もう一度言うけど大宮の老舗料亭。小豆のしっかりした食感もアクセントに
ichinoya2021-18





若鮎の洗い

去年は山口からの津和野〜益田 旅で、たくさん鮎食べたなあと遠い目...、リンク貼ろうとしたら記事がなかった。アップしてなかったのね、オレ。コロナは色んなものを狂わせます
ichinoya2021-25


洗いは酢味噌でいただきました
ichinoya2021-22




鮎の塩焼きは、何度見てもアガりますな。かほりが部屋に満ち溢れる
ichinoya2021-27





焦げ目は強そうだけど、変な苦味とかなくてちょうどいい
ichinoya2021-28






キウイの冷たい茶碗蒸しなら、まだギリギリ想像できたけど、ここに蟹餡ってのは、繰り返しですがサプライズ
ichinoya2021-32





稚鮎の天ぷらはあっても、切り出した身の天ぷらってそんなに経験ないんすよね、新鮮
ichinoya2021-34




あ、まさかのキティちゃん
一の家2021-2





ハーブ鮎の雑炊、このまま持ち帰りたい
一の家2021-4





雑炊だからと、ついついお代わり止まらず4往復したかもしれぬ
一の家2021-5




お漬物も手を抜いていない
一の家2021-6




最後の最後まで料理と美意識がフルスロットル
一の家2021-8



ほんとうに豊かなランチをありがとうございました。19:00までしか呑めないなら、ランチをうまく使わないとね
IMG_7443




帰りも木漏れ日の下を、気持ちよく歩いて帰りました
IMG_7437




鮎は時期が限られているので、遠出できないと嘆いているヒトこそ是非
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ





kyah2004 at 21:58│Comments(1)日本料理 | ¥15000〜

この記事へのコメント

1. Posted by ブブ   2021年07月08日 06:19
5 いつも素敵なお店のご紹介ありがとうございます。鮎、大好物ですので、是非伺います。ちなみに塩焼きに添えられているのはミョウガではなくハジカミショウガです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔