2021年08月28日

蕎麦六郷(大分)日本の原風景の中で洗練の蕎麦前を

蕎麦六郷-17


大分は国東半島の山奥にある『蕎麦六郷(りくごう)


蕎麦六郷-03



原風景の田園の中にリノベした古民家が佇んでいて、夕暮れ時は蝉や蛙など自然のサラウンドに包まれる
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



料理は天然うなぎ、すっぽんをはじめ、周囲の厳選素材を丁寧な仕事で仕上げてくる。ボリューミーなすっぽんの唐揚げは写真撮り忘れたっぽいが
蕎麦六郷2021-2



入手困難という美しい器は「菊池克」さんのもの
蕎麦六郷2021-6



なんと大学の同級生らしく、友人は大学の頃から親しかったらしい
蕎麦六郷-08



今は、都会から離れても、高い美意識の食事や空間を楽しめるところが増えていて、ほんと愉しい。前からあったのかもしれないけど、そんなに積極的に国内旅行してなかったから、知らなかったのよね



これだけ流通が発達すると地産地消というだけでは、そこまで昂ぶれない

その土地のものを、その土地の文化とともに、洗練されたスタイルで愉しめることが重要になる。こうした体験を提供するためには、裏付けされた技術や経験値が必要なので、都会では味わえない五感の刺激がいただけるのよ
蕎麦六郷-14



ここに来るために、わざわざ近くの宿「風の郷」を取ってよかった。思ったより綺麗で温泉もよく、ディスティネーションレストラン「蕎麦 六郷」の訪れ方のモデルケースになりそう
蕎麦六郷-10




こちらの料理も好きだけど、ナチュールワインやクラフトビールもあるのが更にツボ
蕎麦六郷2021-5




初訪問でわからなかったから、ワインは持ち込んでみた。もちろん、別府市内の「スタンディングバル 巡」で仕入れたもの。ダミアンのRIBOLLA GIALLA、ハズさない

蕎麦六郷-16





ワンオペなので、必然料理のペースはゆっくりだけど、太陽が山間の村に落ちていく時間とともに、夕餉をのんびりと楽しんだ

これこそが日本ならではの贅沢といえると思うよ、季節によっては蛍も見えるんだって
蕎麦六郷-12




デザート前には窓を開けて、外に足を投げたし、天然の音に身を任せる

そんな、五感を開放するレストラン
蕎麦六郷-02



蕎麦は2年熟成と新蕎麦の食べくらべ。熟成の方が、かほりは良くてオレは好き
蕎麦六郷-19


こういうレストランが増えてきてるから旅が加速する

ご主人が宿との送迎もしてくれたので、まりえと存分に呑んだくれることできたしね



そば 六郷
0978-25-4336
大分県豊後高田市田染小崎4508
https://www.facebook.com/rikugou.soba/



カントリーサイドのレストラン発掘が最近のライフワーク

都内の禁酒令に関しては、もはやコメントする気さえ失せる…

ソーシャルディスタンスを保ちながら旅を続けることで、日本の未来に投資を続けます
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




*************************

平安時代から変わっていないという景色の中に、快適にリノベされた古民家が建っているんです。ご主人自らが送迎してくれた車を降りて、肺いっぱいに空気を吸い込む

宿のあたりよりも、更にもうひとまわり緑のかほりが濃くなった気がした
蕎麦六郷-01




古い柱や梁を活かしながら、モダンにリノベされた快適空間
蕎麦六郷-04



さてと、いただきますか
蕎麦六郷-05




渡蟹と卵の前菜、濃厚にして余韻も綺麗。永遠に食べられる
蕎麦六郷-06



まずはオーガニックビールから
蕎麦六郷-07



甘さとコリコリの食感が印象的な夜泣き貝とつぶ貝の和え物、これは日本酒も間違いなく合うね。厚化粧とは真逆の、美人だから似合う薄化粧。敢えて控えめなまとめ方してるのに、こんなにも魅了されるなんて
蕎麦六郷2021-3




コリンキー、柔らかく丁寧に美味

いいよいいよ、こういうの求めてたよ

地味にみえて美人
蕎麦六郷2021-4





氷のシャリシャリした食感も刺ささりまくりの水茄子、夏らしい逸品に破顔
蕎麦六郷-09




市場になかなか出回らないヒゲダイ

お造りもいい佇まい。1枚1枚舌に残る余韻まで感じ尽くしながら、外の夕暮れの気配とともに一皿の時間を慈しむ
蕎麦六郷-11



雲丹に合わせて軽めのナチュールをグラスでオーダー

赤、紫、馬糞雲丹の混合とのこと。なんだよ、それ!! ドリームチームかよ!!

うまいしかない
蕎麦六郷-13





鰻の白焼き、天然の鰻がいっぱい取れるんですって。いい素材を、いい仕事で味わえる。日本は、本当に豊かで、観光資産が眠りまくり
蕎麦六郷2021-7


天然のすっぽん唐揚げ。デカすぎて鳥かと思うも写真無し  


さっきのヒゲダイ頭。身がトロトロで骨の周りまで吸い尽くす、手がベトベトで、乾いたら指がくっつくわ。どんだけコラーゲン、明日、美人になっちゃうよ
蕎麦六郷-15



炊きあがりの白米を
蕎麦六郷2021-8






鰻の蒲焼、トロんとしつつカリッとなテクスチャに勃ちあがる 

肝もうんめーなあ、こういう時間のためにオレは生きてんのよ

自分で鰻丼に
蕎麦六郷2021-9





かほる蕎麦が降臨、熟成2日目はぬめりとかほりが段違いにエロティーク

別府に来たらまた寄ろうっと、決めた
蕎麦六郷-18




メロンで〆

もっとゆっくりしたかったけど、ちょうど睡魔が降臨して宿に送ってもらうことに
蕎麦六郷2021-12



ご主人もアツくて、別府の食事状とか、国東半島の楽しみ方をよく知られている。通ってくほどに深掘りできそうな予感。ステレオタイプの居酒屋とか、一度行けば充分なので、こういう感性を刺激されるエクスペリエンスを重ねたい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




kyah2004 at 20:00│Comments(0)日本料理 | 別府_202107

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔