京都_202011紅葉

2020年11月24日

紅葉の見頃の話(京都)

紅葉具合2_2020-1

こないだの週末の京都の紅葉の具合のまとめです

GO TOトラベルへの逆風がまたも強まってるので、旅に行くことをオープンにするのは中々難しい時代ですが、多少なりともこれから訪問する人の参考になれば
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



あくまでボクの紅葉ピーク基準ですが、遠くから見た時と足元を見た時の2つの”ものさし”があって、その基準に基づいて「見頃はもうちょい先」「今がピーク」「ピークアウト」と感じるようです

既に訪問から1週間くらい経ってしまった場所もあるので、最新の状況は「そうだ、京都行こう。」の紅葉情報あたりを参考にしてもらえれば


遠目からの見栄えというのは第一印象の感覚そのものなので、枯れ木が少なく色づきが鮮やかであれば「今がピークだな」と感じます
紅葉具合2_2020-8




足元に関しては、落ち葉の水分量で大きく印象が変わると思っていて、散りたては彩度が高くみずみずしく感じるのね
紅葉具合2020-3



ピークアウトがはじまってるなと感じるのは、落ち葉が枯れて丸まっているものの比率が高くなっている時
紅葉具合2020-13



だいたいそうなってくると、木の上の葉っぱも少し寂しさを感じる状態になってることが多い
紅葉具合2_2020-7



あとは苔の色が瑞々しいタイミングで落ち葉が映えてるっていうのも重要。たまに今年は苔の発色が悪いかも…と感じるときがあるので、今年の3連休は全体的にアタリだったと思います
紅葉具合2_2020-2





同じお庭でも、場所によって「今がピーク」「ピークアウト」と変わることもありますが、とりあえず行ったときの具合をまとめてみました
紅葉具合2020-10




南禅寺、南禅寺天授庵、永観堂、栄摂院、真如堂、京セラ美術館、天龍寺塔頭の宝厳院、仁和寺、龍安寺、二条城、京都御所。今回はスローペースでしたが、その分、ひとつひとつの場所の印象が強めです
紅葉具合2_2020-6





今回ピークで訪れられたのは「南禅寺天授庵」と「永観堂」

COVID−19の影響で混雑もゆるい状況の中、あの「永観堂」のピークに訪れられたというだけで、今年は秋の京都に行った価値があったと思ってます
紅葉具合2_2020-3



紅葉の時期の龍安寺というのも、なにげに体験薄かったので期待以上に昂ぶりました
紅葉具合2020-32




GO TOトラベルと感染拡大の因果関係は見られていないものの、GO TOトラベルの東京解禁と感染者数の増加は相関関係が見られるわけで、わかりやすく行動自粛を促すためには「GO TOトラベル」叩きは有効なんだろうと感じています

GO TOトラベルの東京解禁のタイミングから、日本のCOVID−19に対する空気が緩んだというのは、自身の体感値としても理解できるし、感染拡大を抑えるという意味の旗印として使い勝手はいいんだろうなと

ただ、それによって少し持ち直しかけた観光業や飲食業などのサービス産業が深刻なダメージを受けるのは間違いないわけで、どうやって全体最適を形成していくのか新政権の舵取りが気になるところ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 23:48|この記事のURLComments(0)

2020年11月23日

HOTEL THE MITSUI KYOTO(京都)二条城フロントのジャパンプライド

HOTELTHEMITSUI2020-3


京都のステイは三井のフラッグシップ『HOTEL THE MITSUI』(ホテル ザ ミツイ)から
HOTELTHEMITSUI2020-22


二条城前、三井総領家の跡に建つジャパンプライド
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


パークハイアット、フォーシーズンズ、リッツなど京都の外資系ホテルに遜色ない空気感
HOTELTHEMITSUI2020-19



池を囲む中庭の周りにレストランや部屋が配置されていて、テラス席のBARなどは外からのゲストでも使いやすい
HOTELTHEMITSUI2020-75



ガストロノミー鉄板焼も庭を眺めながらで心地いい
HOTELTHEMITSUI鉄板焼2020-1



フレンチの技の挿し込まれたステーキを気軽にランチで愉しむ
HOTELTHEMITSUI鉄板焼2020-2




昼間は半袖で動ける日だったので、夕方のテラスバーでアペリティフも快適
HOTELTHEMITSUI2020-104


シグネチャーカクテルは3000円くらいだったかな。滞在中はほぼほぼ酔っ払い
HOTELTHEMITSUI2020-105





こちらは部屋の様子、エントランスのシューケースがお洒落
HOTELTHEMITSUI2020-49



3Fの窓でも竹がカーテンに
HOTELTHEMITSUI2020-39




窓から部屋を振り返るとこんな感じ
HOTELTHEMITSUI2020-33







バスローブがさすがの気持ちよさ
HOTELTHEMITSUI2020-36



バスルームの世界観も好きよ
HOTELTHEMITSUI2020-25



HOTELTHEMITSUI2020-38




夜もいいけど、この採光を活かすなら昼風呂がおすすめ
HOTELTHEMITSUI2020-58




NYスタイルのポップなホテルより、シックなデザインが好き
HOTELTHEMITSUI2020-60




少しくらいはワーケーション
HOTELTHEMITSUI2020-62




ミニバーコーナーもお洒落さ極まりなし
HOTELTHEMITSUI2020-52







部屋はゆっくりできるし、ジムやサーマルスプリングとホテル内の施設が充実してるので、翌日は雨だったけど、むしろ快適にのんびりステイ
スクリーンショット 2020-11-23 22.39.44



ジムではがっつりパンプアップしましたぜ
HOTELTHEMITSUI2020-93



こういう応接間欲しいわ
HOTELTHEMITSUI2020-121



夜のライトアップも上手だね
HOTELTHEMITSUI2020-117





オープン早々に行けてよかった、館内はNO密です、当然のことながら
HOTELTHEMITSUI2020-21

HOTEL THE MIRSUI KYOTO



京都デビューの頃は、紅葉の時期にチャリで1日20kmとか走ってあちこちの名刹のお庭回ってたけど、今は気分でコンディションいい時にいくつか回れれば満足
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 23:55|この記事のURLComments(0)

2020年11月20日

そうだ、京都行こう。 2020秋


kyoto20202020-10

今年もいい色に色づいています、京都
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



外国人観光客も殆どいないし、今のところ密な状態には遭遇してません
kyoto20202020-21




「そうだ、京都行こう。」の紅葉情報も一気に見頃に変わっています
kyoto20202020-19




南禅寺は天授庵が絶好の見頃に
kyoto20202020-4



ここもかなり頻度高めに訪れてるけど、今年は最高のタイミングだった。美しさという意味でも、空いているという意味でも。
kyoto20202020-6



永観堂も平日だったせいもあり、待ち時間ゼロでソーシャルディスタンスとりまくり
kyoto20202020-16



明日からは混みそうだけど、こんなに快適に紅葉のピークの永観堂を愉しめるなんて人生で二度と無い経験だったと思います
kyoto20202020-14






からの毎年ルーティーンの栄摂院でひと休み、ここはどんな紅葉が不作の年でもハズしたことがない
kyoto20202020-23



初日の〆は真如堂だったんだけど、思った以上にここだけピークアウトが疾かった。この写真は周囲の枯れ木をうまくハズして撮影したけど、本堂や五重塔の周囲は、落ち葉の水分量少ない枯れ葉が目立つし。
kyoto2020真如堂2020-2



てな感じで、この連休も例年通り絶景の紅葉を愉しめそうです




今回のホテルは話題のこちらからスタート、ジャパンプライド
kyoto20202020-29



ど真ん中のロケーションのラグジュアリーコレクション
kyoto20202020-1



細部まで美意識を感じるホテルですが、B1のサーマルスプリングが今までの概念を覆す温泉になっていて、水着で愉しめるというのも京都ならでは
kyoto20202020-2



混雑を避けつつ日本の四季を楽しみたいところ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 19:54|この記事のURLComments(0)