ARMANI RISTORANTE GINZA を含む記事

2019年04月09日

ARMANI / RISTORANTE GINZA(銀座)小粋にリラックス&ラグジュアリー

ARMANI2019-26


1年間の長い改装期間を経て、料理もインテリアも”今”っぽく進化して戻ってきた
『ARMANI /
RISTORANTE GINZA』


うん、やはりイタリアンってこの色気だよね…と改めて再認識。おかげで心地よく感性を刺激してもらえました。
ARMANI2019-29




以前の漆黒にゴールドというギラギラしたラグジュアリーさも大好きだったけど、レザーのネイビー使いやワインボトルの影の使い方など、肩の力が抜けた品のある空気も纏い、より今の時代によりマッチした空間になっていた。
ARMANI2019-11





料理は以前よりも、パンチの強さが抑えられよりエレガントになった印象。フレンチや和のエッセンスが加わりながらも、クラテッロやティラミス、もちろんパスタといったイタリア料理ならではの魅力が溢れている。
ARMANI2019-20



特に赤海老の前菜は、説明を受けても食べるまでは味の構成やテクスチャが想像できず、見た目ちぢみっぽいのになーと思いつつ、口に入れたら「うわ、やっぱり海老だ!」と。情報が舌から脳に逆流する感じが気持ちよかった。
ARMANI2019-14






リングイネのペペロンチーノは、乳化の具合なのか泡のおかげなのかパスタとソースの味の絡み方が実に見事。美味しいを超えて、気持ちよかったのよ。さすがリストランテのパスタ!! オストラキャビアの塩味が全体の味を締めつつ、鮑が食感のアクセントにも。
ARMANI2019-22



今回はサンジョベーゼやシャルドネなど、王道なワインのアッビナメントを愉しんだけど、懐が深くなっていたので次回はラディコンなどとのペアリングも味わってみたい。
ARMANI2019-24






空間や料理の変化によって、より手元のARMANIさが際立っていたのも興味深い。カトラリーのデザインや、光沢感のあるナプキンなどディティールに”らしさ”が感じられて、やっぱりワクワクさせてくれるのよ。
ARMANI2019-7



この舞台を、更に魅力的にみせていたのは、カメリエーレたちの小粋な所作。リストランテの名にふさわしいクオリティで、食事が一段と引き立つのよ。おフランスとはまた一味違う、イタリアならではの演出が効いている。
ARMANI2019-6




食後のドルチェは、そのままリストランテフロアで愉しむもよし。上の階のBARに移動してもよし。いやいや、あらゆる意味で大人が遊べるステージに進化していましたわ。こういうのが令和っぽいってなるといいな。
ARMANI2019-40

アルマーニ リストランテ銀座
(ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F
http://www.armani-ristorante.jp/



以前より、コースのポーションも抑えられて、そのあたりの加減も絶妙だったり。ハイブランドの運営するレストランって「大丈夫かな?」じゃなく、「やっぱ、スゲーわ」を体感できたのが嬉しいね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 01:00|この記事のURLComments(0)

2015年11月10日

ダイナースクラブ イタリアンレストランウィーク

1109ARMANI11月-7

今年で3回目ということで、知名度も上がってきた
ダイナースクラブ イタリアンレストランウィーク

11月7日(土)〜23日(祝)まで人気レストランのメニューが
ランチ 2,500円 or 5,000円、ディナー  4,500円 or 7,500円で
楽しめる。ダイナースクラブカード持っていない人でも
参加できるんすよね。

今年のイタリアン レストランウィークは、
「日本の自然素材」と「塩」が共通テーマ
1109ARMANI11月-14


このイタリアンウィークで一番人気(過去売上実績)、
銀座の『ARMANI / RISTORANTE GINZA』にご招待
いただき、今年のメニューを試食してきました。

アンティパスト:
 鹿ロース肉の自家製ブレザオラ 卵黄のフォンデュ
 ざくろ コーヒーとカカオのアクセント

プリモピアット:
 南瓜とアマレッティを詰めたラビオリ
 18ヶ月熟成パルマ産生ハムのコンソメを注いで
1109ARMANI11月-1-2




セコンドピアット:
  ラディッキオとイタリアからのタレッジョチーズを
  ちりめんキャベツで包んだブラックアンガス牛フィレ肉のオーブン焼
1109ARMANI11月-10


ドルチェ:
  洋梨のコンポート ホワイトチョコと
  ストラッキーノチーズのクリーム・カフェと小菓子



1109ARMANI11月-1

アルマーニ リストランテ銀座
 (ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F
http://www.armani-ristorante.jp/



さっきイタリアンウィークのリスト眺めてたら、フェリチタとか
エリオ・ロカンダ、ハインツベックなんかもあるんすね。
でも、一番気になったのは近所の未訪の店。
こんだけ情報洪水の世の中だと、目立った動きのない
新しいお店って中々行こうと思う機会なくてね。



言われみて気づいたけど、Diners Club って、言葉の通り
Dinerに起源があるんだね。創設者はレストランに行った時に
財布を忘れて、財布がなくても買い物が出来る仕組みを
作りたいというのが、キッカケだったそうで。
1109ARMANI11月-24



ちなみに、同じくダイナースクラブのフレンチレストランウィークは、
全国約500店で9月26日(土)〜10月11日(日)。こちらは
敷居が高いと思われているフレンチを気軽に楽しんでもらいたい
という思いが強い。


一方、イタリアンウィークは、日本だとフレンチのほうが格上と
思われていることに対し、ピッツアとパスタだけがイタリア料理の
魅力じゃないということを知って欲しいんだって。
1109ARMANI11月-5


イタリアンとフレンチが、こんなハイレベルで拮抗してる国って
そうそうないですからね。しかも、レストランの数も半端ない。
そんな幸せな時代を日本で過ごせていることはラッキー。


ちなみにこの日はカメラを前アポの場所に忘れてきて
前半はIZUMINの写真借りてます、ありがと!!
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2014年12月23日

ARMANI / RISTORANTE(銀座)門外不出の幻のワイン「VERSOALN」を嗜む

1221ARMANI11月-0

イタリア最北端のアルト・アディジェ自治州で作られている門外不出のワイン
「THE VERSOALN(ヴェルソアルン)」が、特別に日本でも飲めるという
イベントがあり、銀座の『ARMANI / RISTORANTE』へ。

このイベントは、ダイナースクラブ イタリアンレストランウィーク絡み
ということで、なんともリキの入った内容になっていたんですね。
だってイタリアの魂とも言えるワイン「THE VERSOALN」を
国外に持ちだしたの、おそらく今回が初めてだって言ってましたから。


なんせ「THE VERSOALN」って、イタリア国宝にも指定されている
世界最大、最高齢の葡萄の木から作られるワインで、毎年100本前後しか
出荷されない超レアワインなんだもんね。
1221ARMANI11月-6


カッツェンツンゲン城を背に350年を超す樹齢の葡萄の木が、
300屬帽がっていて、毎年夏には葡萄の開花を祝う宴が開かれ、
秋には収穫の感謝祭がこの古木の下で行われるという。


や、正直、こうした文脈が無かったら素通りしそうなワインです。
でも、こういう背景も含めて楽しんでいいのがワインでもあるので、
勝手に行ったこともない地方の風景を頭に描きながら、真逆とも
言えるドエロい銀座の空間でテロワールを堪能することができるんです。
1221ARMANI11月-17




料理はアミューズ的な本皿を含め4皿+ドルチェ。
今年のイタリアンレストランウィークのテーマが
本質を意味する”エッセンツァ”

なので、じっくりと素材に向かい合いつつ、それから
ワインとのアッビナメントで違う魅力を発見して驚いたりと。
この日は「THE VERSOALN」以外もワインはペアリングだったんで。
1221ARMANI11月-15




日本人なので、日本酒と日本料理のペアリングのスキルを
あげたいんだけど、中々知識を磨けないんだよね。

ワインだったら鴨には「ブルゴーニュのピノ」にしようとか、
牡蠣には「シャブリ」みたいなお約束ってあるじゃない?
でも、おでんには「●●●」だよね、肉じゃがには「●●」みたいな
日本酒の定番って無いよね。少なくともボクは知らない。

たまに大きな日本酒ムーブメントがきても、
こぞって『獺祭』じゃ勿体無いよなぁ。
かと言って勉強するのもハードルが高いのも事実。

今のワインのリテラシーは、レストランの現場で培ってきた
部分が大きい。そういうの勉強する機会、日本酒より多いから。
だって、居酒屋はともかく、和食のお店でもフレンチやイタリアン
みたいに専門のソムリエがお店にいるとこって少ないでしょ?
だから、系統だってお酒の知識を頭に入れる機会って少ないんです。
味の幅もワインほど広くはないので、日本酒の合わせ方って
いい意味で柔軟。ストイックに言うと甘くなりがちなんすよね。
1221ARMANI11月-8





遊んでるじゃんってワクワクしたのが
北海道産鴨胸肉のロースト 松茸ソース。
フランス産じゃなく国産使うトコとか、
そこに松茸合わせてくるセンスが好き。
1221ARMANI11月-34



 St. Michael-Eppan 2011 San Michele Appiano Lagrein Riserva に合わせて。
1221ARMANI11月-27



「THE VERSOALN」のアルト・アディジェ自治州が
オーストリアに近いということだからなのかドルチェは
ザッハ・トルテ。モダンな解釈の洗練された味わいと佇まい。
1221ARMANI11月-37





現地の女性の熱のこもったワインの説明や、いい感じに意訳してくれる
評論家の方の絶妙なトークもありと、こうしたイベントならではの
華やかな夜に。
1221ARMANI11月-30




毎晩、こんな華やかじゃなくていいけど、たまには
こういうアクセントになる夜を挿しこむのは悪くないよね。
1221ARMANI11月-38


アルマーニ リストランテ銀座
(ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F
http://www.armani-ristorante.jp/



今では信じられないけど、バブルの頃にはクリスマスイヴには、
高額店(美味しいお店ではなくてね)を予約して、激戦の
シティホテル(って当時は言ったんです)を勝ち取り、
ハイブランドのわかりやすいアイテムをプレゼントするって
いうのを、みんながこぞってやりたがってたんです。

価値観が多様化した現在から振り返ると摩訶不思議なんだけど、
ある意味「欲しがりません、勝つまでは」的な同一価値観に
飲み込まれる国民性が良く出ていた気がします。


ちなみに、ボクの大学時代にはバブルが崩壊してたし、
たいして金もないんでそんなお決まりコースはやってません。
ただ学生ながら行きなれないフレンチを予約し、牛の赤ワイン煮を
「なんじゃコリャ、めっちゃウメー! でもオソロシイほど高ぇ!」
と慄きながら食べていたもんでした。


今年のイヴはひたすら等身大に、大好きないつもの店へ。
誕生日や結婚記念日は特別だけど、イヴはみんなのお祭りなので
わざわざそこで高いお店に行くとかはしないです。大事な人に
感謝の気持ちを伝えるのは、自分なりの方法でいいと思うんで。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年06月15日

アルマーニ リストランテ (銀座)ここにしかない艶感

0616ARMANI4月-00


ARMANI / RISTORANTE GINZA 
何度来ても、ここの夜の雰囲気が好き。 

日本人だと、どこかセーブしちゃいそうな艶っぽい空気を、
躊躇すること無く全面に押し出すリストランテ。

ランチではここまで雰囲気出ないので、ディナーで
訪れた人だけがこのARMANIの世界観に身を浸すことが出来る。
0616ARMANI4月-6




全盛期から見れば翳りがあるとはいえ、日本のものづくりは、
世界トップレベル。それは料理の世界にも通じるものがあって、
美味しいイタリアンの店が、この10年でどれだけ増えたことか。

ただ、サービスとか空気で色気を創りだすのは苦手なんすよね、日本人。
スペックの優れた自動車を作れるけど、フェラーリを生み出せないのと
同じ理由で、東京には星の数ほどイタリアンがあれど、SEXYという形容詞が
似合うリストランテは、あまり思い浮かばないんだよなぁ…
0616ARMANI4月-10







一方、料理はお店の雰囲気と違ってコンサバティブ。
この雰囲気で奇想天外な料理が出てきたら、それはそれで
面白い突き抜け方だと思うけど、そこまでヤンチャは
してこないようで。こちらはセコンドの仔牛。
スカロッピーネはレモンとケッパーソースで。
0616ARMANI4月-16






こちらがシェフのフランチェスコ。
以前は西麻布のマリオで働いてました。
0616ARMANI4月-21





料理はコンサバティブに締めてますが、ドルチェはかなりモダンな
アプローチ。このコントラストもアルマーニリストランテの面白さ。
0616ARMANI4月-22





この日はエメラルドグリーンのジャケで。
どんだけ華やかなコーディネートをしたとしても、
受け止めてくれる懐の深さ。次回はシックに行きたいところ。
0616ARMANI4月-29


アルマーニ リストランテ銀座
(ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F
http://www.armani-ristorante.jp/


全体のバランスが良くなったので、コースの
流れが以前よりも洗練されたような印象に。
デートなら、食後のドルチェは上のラウンジに
席を変えてみるのも面白いかも。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2013年02月11日

ARMANI / RISTORANTE GINZA (銀座)艶リストランテの新年会

0211ARMANI1月-155


中途半端にバブリーな空間て、この時代 特に東京では
微妙な雰囲気だけど、突き抜けたエロさは潔く むしろ
気持いいとすら感じる。

ARMANI / RISTORANTE GINZA


何度もリピっているのは、こんなに洗練されたエロい
空間が他にあんま無いから(特に銀座エリア)。
そして、華やかなブランドの名に霞みがちだけど、
料理もイタリアらしくて好きなんス。
0211ARMANI1月-29




リストランテの料理って(ボクの感覚では)
高級になるとフレンチよりになりがちなのに、
さりげなく国境護ってるスタンスも好きなところ。
0211ARMANI1月-38
(この和牛はホント美味でした)




テーブルに座った時に感じる高揚感は、
フレンチのグランドメゾンと異なる種類。
イタリアの遊び心と品格が創る空間が
男の下心すらも演出に加えてくれる。
0211ARMANI1月-3




ロゼが似合う空間ってイイね。
0211ARMANI1月-5




牡丹海老の食感のエロっぽさは、イタリアン男の
ダイレクトな口説き文句のよう。「どうよ、オレ?」的な
ウィンクは、フレンチとまた違った笑顔を引き出します。
0211ARMANI1月-14





この前菜は、フレンチだね 笑

コーヒーで風味を付けたフォアグラ 。
ただ、ヴィンサントに合わせて来るとことか
RISTORANTE  ならではのお洒落さ感じる。
0211ARMANI1月-19







ワインのセレクトも遊び心あるね。
このビオワインもいいアクセントになってたよ。
0211ARMANI1月-25






イタリアの聖水で2012年の穢れを清めます。
よっしゃ、2013年はスッキリして全開の年にしよ。
0211ARMANI1月-53





ARMANIのドルチェの中で一番好きなのが、
マンジャリチョコレートのタルト。
爽やかな酸味のチョコレートが、
食後をリセットしてくれる。

これだけでも食べにきたい。
Wine Barでも楽しめるので
スイーツ好きなら行く価値あるよ。
0211ARMANI1月-46




シェフのフランチェスコ登場。
美味しくも艶っぽい夜をGrazie!!!
0211ARMANI1月-34



アルマーニ リストランテ銀座
(ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F
http://www.armani-ristorante.jp/




大人の新年会、この日は艶ゲストと一緒でした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2013年01月13日

ARMANI RISTORANTE GINZA 艶ディナーの舞台へ

0111ARMANI-3

2013年最初のファインダイニングは、
ARMANI RISTORANTE GINZAから。


ハイブランドのイメージ先行で
どうしてもリストランテとしての
本質に注目が集まりづらいんですが、
実際 相当美味いんすよね。
0112ARMANI-6





TOPの写真は今宵のセコンド。
備長炭で風味を付けたニュージーランド
産和牛フィレ肉  ドライ松茸ソース
トスカーナ産フレッシュアーティチョークと
フェンネルを添えて。


この肉の美味しさは驚愕。



スイーツ番長やいつもの遊び友達らと一緒に。
個室で新年の飛躍を誓い合う。やらかすよ!!
0114-1






祈願の効果が増すと言われている
イタリアの聖水達です 笑
0112ARMANI-5








そして、これがスイーツ番長も納得のドルチェ。
パティシエの創造力溢れる展開にご満悦な
表情いただきましたーー(*゚∀゚)っ
0112ARMANI-3



日常生活のダイエットは、こうした
ハレやかな時間を全力で創りだすため。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2012年08月26日

ARMANI RISTORANTE (銀座)エロい塔の正統派ランチ

0826ARMANI00



エロ過ぎる内装の突き抜け感が気持ちいい
ARMANI/RISTORANTE、ディナーのレポは
何度か書いてるけど、ランチは初かも。
0826-ARMANI-20



シャンパンゴールドのパティションの艶っぽさや
間接照明の演出がキマる夜と違って、ランチは
ゴージャスさの残り香を放ちつつも、だいぶ
爽やかな空気感。
0826-ARMANI-34






客層は、デート使いなカップルもいるけど、
女子同士やファミリーなども多いので、
ディナーでは目立たない下心が、ランチ
だとテーブル満開になるのでご注意を 笑
0826-ARMANI-3





ここをとりあげるたびに同じ事書いてますが、
ハイブランドのレストラン展開ということで、
ナメてかかると いい意味でサプライズ。
0826-ARMANI-16




最近は、ホールにイタリア人スタッフが
増えたからか、サービスにもハコに負けない
色気が宿ってきたように感じます。
0826-ARMANI-6





ランチは3800円〜14,000円と幅広い。
一番軽いコースでも、前菜、パスタ、セコンド、
ドルチェと楽しめるので、「どうなの?」って
思ってるヒトは、まずはこれでポテンシャルを
確かめてみるのがいいんじゃないかな。
0826-ARMANI-12




これだけ素晴らしいイタリアンレストランが乱立している
東京なので、ARMANI/RISTORANTEの料理が他を
圧倒しているかといえば正直そこまででは無いっす。
でも、「え、思ったより遥かにいいじゃん!」というのが
初訪問のメンバーの偽らざる感想だったりする。

それに、ARMANI TOWERの10Fまでのアプローチで
感じる高揚感や、銀座 晴海通りを見降ろすという
好ロケーションは、他にはないハッキリとしたアドバンテージ。




後、メンズには気づいにくいことかもしれないですが、
どんなに全開でお洒落したって受け止めてくれる包容力
ってのも、ファッション好きのレディ達には見過ごせません。
”ちょっと派手かも”なんて遠慮心は、全く不要ですから。

こういう愉しみ方が出来るリストランテは他に
少ないので、ちょいちょい行きたくなるんですよね。0826-ARMANI-24

アルマーニ リストランテ銀座
 (ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F
http://www.armani-ristorante.jp/





ランチのカジュアルさに油断して、お洒落系とはいえ
ショートパンツやサンダルで行くと、ドレスコードに
ひっかかるのでご注意を(BARコーナーはなんとか
交渉してOKにしてもらえました)。

はじめてお店でパンツ借りました(・ω<)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2012年05月16日

ARMANI RISTORANTE GINZA(銀座)抜け感のステージ

0516-01ARMANI

基本、イタリアンは現地にありそうな枯れたトラットリアが
好きなんで、小綺麗なお洒落イタリアンってあんま得意では
無いんですよね。

ただ、色気と下心を全開まで肯定して、ここまで
突き抜けちゃうと、むしろ気持ちいいもんです。
銀座アルマーニタワーの「ARMANI RISTORANTE」、
初の個室ディナーでしたがエロ過ぎました 笑
0516-03ARMANI




個室はメインフロアとキッチンをつなぐ通路のトコにあるんです。
ただ個室の自動扉は、壁と一体化したデザインなので、
知らなければそこに入口があることすら気づきません。
アルマーニ氏がここまで考え抜いたかどうかは
知りませんが、ある意味忍者屋敷の隠し扉のよう。
0516-20ARMANI



したがってプライバシー指数は、限りなく高め。
レセプションからの動線も、メインダイニングを
通らないので、人目が気になるヒトにはもってこい。



そして、ドアを閉めてしまえば、このジャスゴ〜な空間は、
完全に自分たちだけのモノになる。
0516-06ARMANI



「贅沢過ぎるのってねぇ・・・」「見栄はるより地道に」
「身の丈にあったセレクト」


こういう考え方が支持を得ている昨今、基本的に考え方は
賛成なんですが、たまには敢えて突き抜けないとね。
0516-04ARMANI




単なる節約クンでディフェンスばかりしてたら、新しい
時代に対応できないでしょ。それはそ逆に大きなリスク。
ヤンチャするとこは、ヤンチャしよ。

つか、その方が生きてて楽しくね?




この日の料理のお気に入りをいくつか。
こちらは、スカンピと枝豆のニョッキが
やけにバランス良くてタイプでした。
0516-05ARMANI





シーバスのセコンドもキレキレ。
うさちゃんを贅沢に使った肉の
セコンドは、オレの胃が途中で
キャパ超えしてしまい...
完食できなかったのが、ほんと無念。
0516-02ARMANI





震災後しばらく中東に行っていたシェフ
「フランチェスコ」も戻っていて、お店が
落ち着いた頃に厨房まで遊びに行って来ました。
0516-27ARMANI





こういう裏側も、たまには見てみるとオモロいよね。
0516-09ARMANI





さすがにこのクラスになると、
ドルチェのクリエイティビティが
心地いいっすね。
0516-10ARMANI



アルマーニ リストランテ銀座
ARMANI / RISTORANTE GINZA
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F
http://www.armani-ristorante.jp/



えーっと、外食自粛令 出してなかったっけ、オレw
結局、毎日会食が続いてます(・ω<)
単に遊びというよりビジネスや将来へのステップも
兼ねてる感じなので、時間が経つのがあっと言う間。
曜日の感覚が全然無いっス。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2011年06月29日

ARMANI / RISTORANTE GINZA (銀座)ハレ度は高め

0630-1AR

ARMANIのGINZAタワー、ランチがなにげに未訪だったので、
どんなもんかとお邪魔したら、震災から1ヶ月も経ってない
町が静かな頃だったけど、シートはしっかり満席でした。


ディナー時は、かなりバブったラグジュアリーなオーラ
出しまくってますが、ランチタイムは、そーいった
いかがわしさが、だいぶ抑えられてます。客層も
女子のみグループとか結構いるし、必要以上に
尖った感じはないですね。

前菜、パスタ、ドルチェのコースは2800円だし、
メインが入ったコースも3800円〜と、銀座のこの立地と
ブランドネームを考えたら、お得感はかなり高めかと。
0630-3AR





ディナーの時にも書いたけど、チャラそうなイメージとは
裏腹に料理は、安定感あるし正統派。震災のせいで、
イタリア人シェフは、速攻で日本を離れてしまいましたがw、
 ランチのクオリティを見る限り軸は変わっていない印象です。
0630-2AR2






アルマーニ リストランテ銀座 (ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F




11Fの「ARMANI/PRIVE」は、夜には会員制のBARになりますが、
今は会員以外でも入れるので、デート使いにはアリですよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

2011年05月23日

ARMANIのBAR (銀座) プチバブル気分 

0520-1ARG


銀座 晴海通り沿いのARMANI GINZA TOWER 、
11F部分は昼はカフェになっていて、夜は会員制の
BARに姿を変える。ただ、こんなご時世ってことも
あって、今は会員以外でも使えるようになってるらしい。


10Fにある「ARMANI RISTORANTE」からは、
階段でのアプローチ。店内の雰囲気は、
下のリストランテと統一感があるが、
シートのセッティングや、パティションの
使い方でプライバシー度はだいぶ高め。
0520-2ARG



0520-5ARG






円形のベンチシートは、こちらもリストランテ同様
ゴールドのパティションが、シートの背後を覆っており、
極端な話 寝ててもわからないくらいの防御力を誇る。

ほら、オープンスペースからは、全く様子が
わからないでしょ、あの金色の向こう側。
0520-8ARG





昼間のカフェは、ARMANIビルのシャープな
外観と近いイメージで、ワリとCOOLな印象の
空間だけど、夜は黒い空間にGOLDのアクセントが
映えるんで、だいぶエロティークな仕上りだ。
0520-4ARG





0520-6ARG





ガラス張りの空間なので、銀座の明るい夜景が
目の前に広がるので、艶っぽい空間だが、
店内は思ったよりは明るいかも。
0520-7ARG

白いサントーニは、裸足で履いてる風に。
もちろん「靴下屋」の優秀なヤツ仕込んでますw
素足はやっぱし気持よくない。




リストランテの営業時間なら、軽い料理も食べる
ことができる。スイーツとカクテルなんて愉しみ方は、
オトナの贅沢な夜の使い方だ。料理が美味しい
BARは、まぁまぁあっても、本格的なドルチェ出せる
BARってのは、そうそうあるもんじゃありません。
0520-3ARG




アルマーニ 銀座 (ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 11F
http://www.armani-ristorante.jp/ristorante/


会員以外のチャージは3000円だったと思う。
会員制だからそんなモンかな。夜が0:00くらいに
CLOSEなンすね。わりと早め。


ちなみにブルガリの上のバールは、会員制
じゃない分、週末以外はチャージが無かったと思う。
あっちはオープンな雰囲気だね、ARMANIのBARとは逆で。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






続きを読む

2010年11月28日

アルマーニ リストランテ (銀座) Tartufo biancoの色気とともに

1122-1ARMANI

銀座のハイブランドが展開するレストランのひとつ、
ARMANI RISTORANTE(アルマーニ リストランテ)

晴海通り沿いにそびえるアルマーニ 銀座タワー10Fに位置する
そのリストランテは、アルマーニ カーザとインテリアも扱うだけあって、
インテリアを含めて独特の色気が漂っている。

や、だってエレベーターからしてエロ過ぎだしw
カトラリーとか、攻めまくってるし。
1122-3ARMANI





昼間の素面の時に、シモジモの民であるオレなんかが
見るから「うわ、スゴ」って思うわけであって、あの空間に
馴染んでいると、”これくらい攻めてもらわないと困るぜ”
って強気な気分になってきます。

おそるべし、ハイブランドの威力w
1122-6ARMANI





ハコがかなり尖っているので、
この先どんだけブッ飛んじゃうのかなと
心配になる気持ちもわかりますが、いい意味でサービスの距離感は
カジュアルだし、料理はこの空間の軸になるような安定感があるので、
単なるハッタリじゃなく、他には無い充実したリストランテな時間を
楽しめると思います。
1122-4ARMANI-2






銀座に移ってからアロマフレスカは行ってないので、どういう雰囲気か
今は知りませんが、あそこってシンプルな空間の中に、「何コレ!?」って
サプライズな料理を仕込んでくるじゃないですか。


アルマーニは逆のアプローチで、一歩間違えたら...っていう
「これでもか!?」って尖った空間の中で、見事な火入れや
深みある味付けで、イタリア料理の魅力を正面からぶつけて
くるんですよ。
1122-2ARMANI









日本のイタリアレストランで、ここほど妖しく
Tartufo bianco(白トリュフ)が似合う場所って
無いと思います。
1122-4ARMANI







妖艶な香りが、エロティークな空間と混じり合って、
日常とは切り離された別の次元に連れてってくれるんで。
1122-5ARMANI









ハイブランドのリストランテなんで、ハッタリ先行だという
先入観を持ってたんだけど、少なくとも今は、内容が伴っていて
かなり濃密な時間が楽しめる場所になってると思うよ。
1122-7ARMANI








TOPの写真の廊下には、忍者屋敷のような個室があるんです。
壁と同化してるので、どこが入口か全くわからないような場所にね。
中の空間は全面このデザインなので、座っていると宙に浮いてるような
不思議な錯覚におちいる。豪気な遊び人の方は、是非この個室を
使い倒して欲しいっすね。えーと、スペース余ってたら呼んでくださいww
1122-9ARMANI






アルマーニ リストランテギンザ
(ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F
http://www.armani-ristorante.jp/ristorante/

1122-8ARMANI


アルマーニの美学が詰まったリストランテ。これからの季節
イベント多いんで、勝負使いにはもってこいかと。






今更ですが「利休にたずねよ」って本を読んだんだけど、
利休が己の美学を貫くために、命をかけるさまが、
メッチャかっこよく書かれているんですよ。

マンガの「へうげもの」も面白いけど、「利休にたずねよ」は
深くて美しい。日本の美学に対する誇りを改めて持つことができる。→ 人気ブログランキングへ

アルマーニ リストランテギンザ イタリアン / 銀座駅有楽町駅東銀座駅

夜総合点★★★★ 4.5


続きを読む